テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

新潟でNGT48を接客していた百貨店員が、22歳で上京しアイドルになるまで<奥村優希>

秋元康プロデュースによる、『ラストアイドル』(テレビ朝日系、2017年8月に放送開始)で活動を開始したアイドルのひとり、ラストアイドル2期生アンダーの奥村優希(おくむら・ゆうき)

©テレビ朝日 ラストアイドル2期生アンダーの奥村優希

彼女は、アイドルになるまで小中高と青春時代をバスケットボールに捧げ、高校はスポーツ推薦で進学したほどのスポーツ少女だった。

高校卒業後は、地元・新潟の百貨店に就職し、数年間売り場に立っていたが、ときどき買い物に訪れるアイドルを接客するうちに、アイドルへの興味が湧いてきたのだった。

©テレビ朝日

彼女はなぜ、アイドルを目指したのか。

アイドルになって、望んでいたものを得ることはできたのかーー。『ラストアイドル』に賭けた少女たちの、ビフォーアフターに迫る。

 

◆バスケ推薦で高校進学するも、二度の怪我で絶望的に

1995年10月、新潟県で生まれた奥村優希。

©テレビ朝日 当時2歳

小さい頃は外で遊ぶのが大好きで、雪が降る日にも、常に外遊びをしていたという。

「ローラースケート、一輪車、鬼ごっこ。新潟はけっこう雪が降るんですけど、そんなの関係なく、いつも外で遊んでましたね。新潟は色白が多いと印象があるかもしれませんが、私はずっと色黒でした」

©テレビ朝日 何にでも好奇心旺盛だった

©テレビ朝日 当時3歳

常に体を動かしていたこともあって、運動神経は抜群。運動会では常にリレーの選手として大活躍。小学校4年生でバスケットボールを始めてからは、その面白さにのめりこみ、ほぼ毎日バスケ漬けの生活が始まった。

©テレビ朝日 当時6歳。家族で旅行に出かけた際の一枚

©テレビ朝日 当時小学3年生

「小学校のときはたまに日曜が休みだったけど、中学からは毎日練習してましたね。中学では県ベスト8になって、高校はスポーツ推薦で入学できたんです。ただ、中学からは勉強がすっごく苦手だったので、これ以上勉強したくないと思って、推薦に逃げたっていう理由もあります。実際、高校ではクラスで下から3番目になっちゃったこともあります(笑)」

©テレビ朝日 中学1年生

©テレビ朝日 中3。バスケ一色の生活を送る

©テレビ朝日 中学3年生

スポーツ推薦でバスケの強豪校へ入学。高校ではさらなる飛躍を願うも、1年目の秋に彼女を悲劇が襲った。

「3年生が引退して、自分が試合に出るメンバーに固定された直後に、練習試合で大きな怪我をしてしまったんです。ドリブルでゴール下にカットインしたときに、相手の選手と接触して、立ち上がれなくて。捻挫だろうと思って病院に行ったら、『前十字靭帯が切れてるかもしれない』って言われちゃったんです」

©テレビ朝日 高校3年生

©テレビ朝日 高校3年生。クラスのみんなと

その時点では、手術はせずにリハビリをするという方針に落ち着いた。しかし、その3ヶ月後、ようやく復帰できると思った矢先に、さらなる事故が起こってしまう。

「リハビリを頑張って3ヶ月後、ようやくみんなに混ざって練習を始めたんですけど…。その日にまた同じ場所を怪我してしまったんです。その後も何回か同じ場所を痛めてしまったので、結局手術することになって。復帰できたのは、1年後。その頃には、周りと比べて大きな差がついてしまっていましたね」

 

◆NGT48メンバーを接客。「アイドルになれますよ!」の一言でオーディションを受ける

バスケの道は断念し、高校卒業後は地元新潟の百貨店に就職し、接客業として働き始めた奥村。

©テレビ朝日 百貨店に就職したころ

部活で培った体力や、元来のコミュニケーション能力が開花して、売上成績も良かったという。

「もともと人見知りしない性格なんですよ。お客様と仲良くなるのが得意で、店舗の中でも一番良い場所に配属されてました。お客さんの中には、店員の話を聞きたい人と、話しかけてほしくない人がいるんです。それを見分けたり、店内を見て回る感じから、だいたいの好みがわかるんです。だから、『実はこんなのもありますよ』って提案したりして。仕事はすっごく楽しかったですね」

©テレビ朝日

順調に仕事を続けているうちに、とある出来事をきっかけにアイドルに興味を持つように。

勤務地の近くにNGT48の劇場があり、買い物に来るメンバーを見かけることが増えたのだ。

「NGT48のメンバーがお買い物をしてる姿を見て、テレビで見るより何倍もかわいいと思ったんです。商品のご案内をするうちに少し話すこともあって。かわいいですねって話しかけたら、お世辞だと思うんですけど、『お姉さんもかわいいですね。アイドルになれますよ!』って言ってもらって、嬉しくなっちゃって。単純ですよね(笑)」

©テレビ朝日

俄然彼女たちに興味を持った奥村は、劇場が職場から近所だったこともあり、足を運ぶことに。

「劇場公演を見に行ってみたら、雰囲気がまた良かった。ファンの方たちの応援がすごかったので、ぼんやりと、自分もあんなふうに応援されるような人になってみたいなと思うようになっていったんです」

©テレビ朝日

そんな気持ちから、2018年に開催されたNGT48の2期生オーディションに参加。しかし、あえなく落選しただけでなく、残酷な言葉をかけられてしまう。

「ある方から面接で、『原石みたいな若い子を採用する可能性が高いから、その年齢では厳しいだろう』って言われてしまって。私、その時点で22歳だったので、いったんはアイドルを諦めたんですよ。でも、その1ヶ月後に、『ラストアイドル』の第2期生の募集があって、年齢制限が22歳だったので、応募することにしました」

©テレビ朝日

もともと、『ラストアイドル』の熱心な視聴者だったという彼女。まさか自分が出演することになるとは夢にも思わなかったとか。

「正直、当時はアイドルに興味があったわけじゃなくて、企画として面白いなと思ってただけで。録画して何度も見返した回もあって、一番好きなのは、米田みいなちゃんの回。30回以上見てるんじゃないかな。もう、ただのファンですね(笑)」

◆百貨店での接客と、握手会は似ている

挑戦の結果、奥村の2期生アンダーとしての活動が始まった。

百貨店の店員から、アイドルへーー。

©テレビ朝日 百貨店員だった奥村はアイドルになった

かつてNGT48の劇場で、「自分も応援される人になりたい」と思った当時を振り返って、アイドルになった自覚は芽生えたのだろうか。

「自覚というか、実感が湧いたのは、1周年コンサートでした。じつは、グループに入ったばかりの頃は、百貨店の仕事を辞めた後悔が大きかったんですよ。初めのうちは仕事もそんなにないし、しばらくはたくさん寝れて嬉しいって思ってたけど、それが続くと、なんにも貢献できない自分が嫌になっていく。だから、1周年コンサートでTOKYO DOME CITY HALLの大きなステージに立てたときは、アイドルになった実感が湧いて嬉しかったですね」

©テレビ朝日

その他にも、ファンの存在が、大きな後押しになる。特に握手会には大きな思い入れを持っている。

奥村曰く、百貨店での接客と、握手会は似ているという。

©テレビ朝日

「やっぱり、自分だけに会いに来てくれる握手会はやりがいがありますね。来てくれてありがとう!っていう最初のやりとりで、なんとなく、こういうタイプの方かなってわかるんですよ。お話したいファンと、話しかけてほしいファンに分かれるので、どういうふうにしたら喜んでもらえるかなって考えるのが楽しいです。接客業をやっていた経験が活きてると思います」

©テレビ朝日

最近は奥村をリピートするファンも増えてきた。

「完売になる握手会の回も増えていて、すごく嬉しいです。歌って踊っても、結局は会いに来てくださるファンの皆さんがいなかったら、なんの意味もないので。この一年、握手会を一番重視して活動してきました」

◆「ステージに立ってる自分が一番キラキラしてない」

©テレビ朝日

とはいえ、自身の特性を活かせる領域だけでなく、苦手だと自覚する部分もある。

「アイドルになって初めてわかったんですけど、歌もダンスもすっごく苦手なんですよ。学校の体育祭でちょっと踊ったりするのは大丈夫だったのに、本格的にダンスを始めたら、リズム感もないし、運動音痴なのかなって。ステージに立ってる自分が一番キラキラしてないことに気づいて、苦しい気持ちになったこともあります」

©テレビ朝日

2019年9月に発売されたシングル『青春トレイン』では、ダンスのオーディションがあり、A〜Cまでランク分けが行われた。

「最初はCに振り分けられたので、これで終わるわけにはいかないと思ってがんばるんですけど……。私は未経験だったから、振りの覚えが遅いのも仕方ないよなとか、言い訳したい気持ちもありました。ただ、いままで勉強から逃げて推薦で高校進学したり、大学にいかず就職したこともあったので、ここでは逃げたくないって気持ちもあって。やるからには、負けないぞって気持ちを持たないといけないですよね」

©テレビ朝日

得意なこと、苦手なことを自覚したいま、彼女はどんな目標を持っているのか。

「昔からずっとバスケットボールばかりやってきたので、常にチーム行動で生きてきたんですよ。いつも『チームの中で必要な存在になりたい』という気持ちで動いてきた。だから、ラストアイドルでも、奥村がいないと成立しないって思われるくらい、中心的な存在になるのが目標です。今はまだ2期生アンダーですけど、いつかはそんな存在になれるようにという気持ちでやっています」

◆インタビュー後に発表されたニューシングル選抜結果は…

©テレビ朝日

このインタビュー実施後、4月15日リリース予定のシングル『愛を知る』の選抜オーディションが行われた。内容はダンス、歌、一言パフォーマンスの3部門で、19名の審査員が採点。

2月19日放送回で発表された18人の選抜メンバーの中には、「奥村優希」の名前があった。「中心的な存在になりたい」と語っていた彼女が、見事選抜入りを果たしたのだった。

結果発表後、彼女はこんなコメントをしている。

©テレビ朝日

「選んでいただき、本当にありがとうございます。ずっと夢だったアイドルになれて、すごい嬉しい気持ち、アイドルをやっている自分が好きな気持もありました。でも、活動していくにつれて、前に出ているメンバーや、歌唱メンバーに選ばれたメンバーが、すごく羨ましくて、人間として最低だなって思うんですけど、ずっと妬む気持ちもあって…。

そんな自分が好きになれないこともあったんですけど、今日、やっと素直に、自分のことを認められた気がします。みなさんに『選んで間違いなかったね』って思ってもらえるように、精一杯頑張りたいと思います」

苦手だと自覚していたダンスと歌も頑張り続けた結果、大きなチャンスを掴んだ奥村。

今後は、グループになくてはならない存在へと成長していくはずだ。

<撮影:スギゾー、取材・文:森ユースケ>

©テレビ朝日

※奥村優希(おくむら・ゆうき)プロフィール

1995年10月、新潟県生まれ。特技は中学、高校で県ベスト8に進んだバスケットボール。昔から趣味はボーイッシュな傾向があり、少年漫画を好んでいたという。「バスケが好きだったので、『黒子のバスケ』とか『あひるの空』をよく読んでました。まだ『SLAM DUNK』を読んだことがなくて、驚かれることもありますね(笑)。『ONE PIECE』もずっと好きで、今でも読んでます」

※リリース情報

ラストアイドル8thシングル「愛を知る」 4月15日(水)発売

https://youtu.be/jl0fSLpzJI0

※番組情報:ラストアイドル『ラスアイ、よろしく!
【毎週水曜】深夜1:56~2:21、テレビ朝日(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事