テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

倉本聰、1年間続く連ドラの脚本をすべて「手書き」!そのため“あるもの”に悩まされる

3月10日(⽕)の『徹⼦の部屋』には、倉本聰が登場する。

©テレビ朝日

85歳で初めて1年間の連続ドラマの脚本を担当した倉本。全ての原稿を⼿書きで書くため、現在でも⼿の痛みに悩まされているという

『徹⼦の部屋』にも同作の出演者がたくさん登場した。その様⼦を⾒た倉本は…。

倉本が脚本を担当した『やすらぎの刻〜道』はリタイアした⼈物を描くため、⾼齢の出演者が多く、放送中に亡くなってしまうこともあった。

とくに⼋千草薫さんは「道」パートの主演をお願いしていたが、病気療養で急遽、⾵吹ジュンが主演を務めることとなった。

⼋千草さんとは家族ぐるみの付き合いで、療養中も3日おきに電話で話をしていたため、こんなにはやく亡くなるとは思っていなかったと倉本は話す。

葬儀でもらった記念の時計に“不思議なこと”が起こると、「⼋千草さんのメッセージ」のように感じてしまうのだとか

©テレビ朝日

倉本⾃⾝も最近「終活」を始めた。実際にやってみて、自分の準備とともに家族とも話し合う必要があると痛感したという。

※番組情報:徹子の部屋
2020年3月10日(⽕)正午~午後0:30、テレビ朝⽇系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事