テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

感動の激励メッセージ!「天才」と崇められながら30年間売れない芸人、チャンス大城

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

©テレビ朝日

3月2日(月)放送の同番組には、くっきー!(野性爆弾)や次長課長、ブラックマヨネーズらと同期の芸人・チャンス大城が登壇。「同期や後輩にお先越されて腐っちゃった先生」として授業を行う。

◆“天才”と崇められた男が…スベリたおしの転落人生!

現在45歳のチャンス大城は、芸歴30年のお笑い芸人。14歳のときに吉本興業の養成所“NSC”大阪校に入学(8期生)。19歳で再度、同養成所に入りなおした(13期生)という経歴の持ち主だ。

13期生の同期たちからは「天才」と崇められ、嫉妬されるほどの才能の持ち主だったにもかかわらず、30年間ブレークとはまったく無縁。

周囲からチヤホヤされていた自分よりも先に同期や後輩が成功していくことが受け止めきれず、「売れてテレビに出ている芸人は全員しょうもない」などと腐って開き直り、その結果どんどんスベリ続けていったと打ち明ける。

©テレビ朝日

授業では、同期から一目置かれていたはずの大城がどのように腐っていき、30年もの間売れなかったのか…その壮絶転落人生を激白。自らの経験をもとに、“エリート候補なのにドロップアウトしてしまう人の特徴”も分析していく。

一時は人生に絶望し、自殺すら考えていたという大城。しかし、生きる意味を見失っていたとき、ある同期芸人が救いの手を差し伸べてくれ、その経験が大きな“転機”になったと語る。

そして最後は、「人生なんてどうでもいい」と腐って開き直っている人々に向け、大城がそこから這い上がるための人生の教訓を伝授。どん底を経験した大城だからこそ言える熱い激励メッセージに、生徒たちも感動する。

©テレビ朝日

また、地上波放送直後、深夜0時45分からお送りする「Abemaビデオ」では、チャンス大城先生の授業の“完全版”をオンエア。

さらに、Abemaオリジナル企画「インディアンスのきむを考える」もお届け。インディアンスは、とにかくボケまくる田渕章裕のキャラクターが際立っているのに対し、ツッコミ担当のきむは「キャラがない」「田渕の添え物」という地味な印象を持たれていたが…?

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!』チャンス大城先生
2020年3月2日(月)深夜0:15~深夜0:45、テレビ朝日

※AbemaTVの完全版は、深夜0:45から「Abemaビデオ

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事