テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

利津(神尾楓珠)、4人全員とキス!「誰とでもキスできるし好きじゃなくても抱ける」<鈍色の箱の中で>

テレビ朝日連続ドラマ『鈍色の箱の中で』の第4話が、2月29日(土)に放送される。

本作は、同じ分譲マンションに住む幼なじみの高校生たちの初恋をテーマに、桜井美羽(久保田紗友)を中心に、辻内基秋(萩原利久)、真田利津(神尾楓珠)、高鳥あおい(岡本夏美)、庄司悟(望月歩)の複雑な感情を描いた切なくも危険な偏愛ラブストーリー。

©テレビ朝日

先週放送された第3話では、基秋の初恋相手である筧美和子演じるバイオリンのお姉さん・綾芽がじわじわと美羽たちをかき乱し始めた。

一方利津は、基秋と綾芽が密会している様子を美羽に見せつけようと、大雨のなか美羽を呼び出した。そして抱き合う基秋と綾芽を目撃し傷つく美羽に、利津は「俺にしとけば? 俺にしとけよ」と言い放ち、美羽に強引にキスしたのだった…。

©テレビ朝日

第4話では、初めて利津の本当の気持ちが明かされる。

これまで幼なじみに対してあざ笑うような言動をとってきた利津の真意、さらにいつも一緒にいるあおいと悟も、実はそれぞれほかに好きな人がいるようで…。

内藤秀一郎演じるチャラ大学生がずぶ濡れの美羽に声をかけ、美羽が大ピンチとなる緊迫のシーンや、あおいの体に異変が起きる場面もあり、めまぐるしい展開に注目だ。

©テレビ朝日

そして気になるキスシーンでは、神尾楓珠が4人全員とキス完了!?

©テレビ朝日

©テレビ朝日

これでお前ら全員コンプリートだ」「誰とでもキスできるし好きじゃなくても抱ける

過激シーンから目が離せない!

◆ロケシーンに現れる「風女と風男」は誰!? 第4話撮影レポート!

第4話にはバスケ部の本田先輩を演じる宇佐卓真が再び登場。

©テレビ朝日

宇佐は同い年の望月と意気投合したようで、撮影後は郊外のロケ現場から一緒に帰宅。自信満々で道を誘導していた宇佐だったが、実はまったく違う見当違いな方向に道案内していたそうで、望月は宇佐の意外な天然ぶりに驚いていた。とはいえ予想外の珍道中で、さらに絆は深まったのかも!?

美羽が大学生集団に襲われたり、基秋と悟が美羽を探しに行く場面など、外での撮影が多かった第4話。萩原利久と久保田紗友が出演するシーンはなぜか風が強いことが多く、現場では共演者から「風女と風男」と呼ばれていた

◆山口・新潟、韓国での放送も決定!

関東ローカルで放送されている『鈍色の箱の中で』だが、先週2月23日(日)から、山口でも地上波放送がスタートした。新潟でも3月から地上波放送が決定し、さらに韓国での放送・配信も決定。韓国では、大手の放送・通信事業者KT(コリア・テレコム)が運営する各動画配信プラットフォームやIPTV などで、幅広く展開される予定だ。

 

◆第4話あらすじ

基秋(萩原利久)と綾芽(筧美和子)が抱き合う姿を、企み通り美羽(久保田紗友)に目撃させた利津(神尾楓珠)。さらに、動揺が隠せない美羽に突然キスし…!?

いっぽう、基秋が綾芽と抱き合っていたのには理由があった。初恋との決別という気持ちで臨んだ基秋に対して、綾芽には穏やかならざる思惑があって…!?

©テレビ朝日

強引な行動で美羽に思いを伝えたものの、複雑な感情にさいなまれる利津。その姿を偶然見掛けたあおい(岡本夏美)は、「ほっとけない」と言って利津の部屋までついていく。

同じころ、美羽と連絡が取れないことに気づいた基秋は、不吉な予感にかられ、悟(望月歩)とともに行方を捜し始める。

そのとき、様々なショックから雨の中をさまよっていた美羽は、ひとけのない公園で3人組の男に絡まれていた。さらに、あおいの体には、ある異変が起きていて…!?

番組情報360°ドラマ鈍色の箱の中で
2020年2月29日(土)深夜3:05~深夜3:35、テレビ朝日(※関東ローカル)
ビデオパスにて独占見放題配信

※放送前、放送後に見るとより楽しめる“360°サイト”はこちら

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事