テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「僕らビミョーな6.5世代」芸人が集結!“第七世代”との接し方を披露

2月27日(木)の『アメトーーク!』では、「プレゼン大会」でジャングルポケット・太田博久がプレゼンした企画が実現。

「僕らビミョーな6.5世代」として、斉藤慎二(ジャングルポケット)、かまいたち、向井慧(パンサー)、小宮浩信(三四郎)、森田哲矢(さらば青春の光)、あばれる君ら第七世代に押され気味の芸人が集結し、不安や不満をぶちまける。

©テレビ朝日

スタジオに登場した6.5世代のメンバーは、霜降り明星ら第七世代のパネルがひな壇の前列に設置されているのを見てがく然

「プレゼン大会」放送後、SNSなどで誰が何世代なのかを問う“世代論争”が巻き起こったという太田は「こんなパネル、プレゼン大会では発注してない!」と絶叫する。

©テレビ朝日

「危機を感じた瞬間!!」では、せいや(霜降り明星)がラジオでポロッと言った「第七世代」という言葉が一般的になり、人気が爆発したことで押し寄せてきた危機について、悲しいボヤきが続出する

「第七世代との接し方!!」では、メンバーが実践している第七世代との接し方を披露。

山内健司(かまいたち)が草薙航基(宮下草薙)の“スゴさ”について熱弁を振るう一方で、その草薙が見据える10年後について、濱家隆一(かまいたち)は絶望…。また、第七世代のSNSに登場したいと熱望するあばれる君が取る作戦も明らかに。

©テレビ朝日

また、「もしも第七世代MCの番組からオファーが来たら!!」では、実際にそういう仕事の依頼がきたらどうするのかを尾形貴弘(パンサー)で検証することに。

尾形のリアクションに向井は、「尾形さんはモニター越しに見るのが一番面白い」と太鼓判を押す。

※番組情報:『アメトーーク!』僕らビミョーな6.5世代
2020年2月27日(木)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事