テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

高嶋ちさ子、一言も反論できなかった“失敗”を明かす!

華麗なる家庭で育ち言いたいことを遠慮なく口にしちゃう、石原良純・長嶋一茂・高嶋ちさ子の3人が、いま世間をザワつかせている社会現象について独自トークを繰り広げる番組『ザワつく!金曜日』

2月21日(金)の同番組では「お酒を飲んでついやってしまう終電乗り過ごし」と題して、“乗り過ごし終着駅”のなかから埼玉県比企郡にある東武東上線の森林公園駅にカメラが密着した。

©テレビ朝日

楽しく飲んで電車で帰宅するつもりが、つい居眠りしてしまい、気がつくと自宅から遠く離れた終着駅に。乗り過ごしが多いという森林公園駅だが、駅周辺は住宅が多く深夜営業している店舗はほとんどない。

深夜1時すぎの駅前には、タクシーを待つ人の大行列が出来ることも。この日の放送では、タクシーを待つ人たちのやり取りを紹介した。

©テレビ朝日

乗り過ごし客の気持ちがわかるという良純は「冬の電車に乗っていると座席の下から暖房の温かい空気が上がってきてさ、いい感じの電車の揺れや、踏切の警笛の音がドップラー効果でいい音がするんだよ。よく寝れるんだよ、あれが」と彼なりの“乗り過ごしの美学”を得意げに語ってしまい、「(乗り過ごすことが)信じられない!」と怒るちさ子に睨まれる場面も。

©テレビ朝日

一茂は寝過ごして妻に「むかえに来てもらったことはない」というが、ちさ子は乗り過ごしではないが夫に「むかえに来て」と頼んだことがあったという。

ちさ子は、運動のために遠くにある飲食店へ自転車で行ったそう。しかし、食事を堪能し満腹になったちさ子は、帰り道の途中でギブアップ。帰り道は登り坂が多く疲れてしまったため、夫に「むかえに来て」と連絡。帰りの車中でちさ子は「できないことはやるんじゃない」と夫からお説教されたそうで、さすがのちさ子も一言も反論できなかったという。

※番組情報:『ザワつく!金曜日
毎週金曜日 よる7:00〜、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事