テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

高嶋ちさ子、一家で“殺気立っている野犬”と激突!そのとき父は、母と子を残し逃亡

華麗なる家庭で育ち言いたいことを遠慮なく口にしちゃう、石原良純、長嶋一茂、高嶋ちさ子の3人が、いま世間をザワつかせている社会現象についてトークを繰り広げる『ザワつく!金曜日』

©テレビ朝日

2月21日(金)に『県索しちゃいました』との合体3時間スペシャルとして放送される同番組では、「東京・大阪のブランド買取店での店員とお客様の攻防」、「お酒を飲んでついやってしまう終電乗り過ごし」、「長野県野沢温泉村で江戸後期から続く火祭り・道祖神祭り」など、全国各地のザワつく話題を紹介していく。

◆逃亡したちさ子パパ。ナイフに立ち向かった一茂母。

「ザワつく!映像ニュース」では、赤ちゃんをあやしていた母親が、拳銃を突きつけて脅す強盗を撃退する、勇猛果敢な映像を紹介。まさに「母は強し!」を証明する映像だったが、一茂にもそんな思い出があるという。

一茂自身はまだ幼かったため記憶はないそうだが、父親の留守中にナイフを持った強盗に押し入られたとのこと。

ところが母親は「そんなもの怖くないわよ」とナイフをつかんで撃退「そのときについた(母の)手のひらの傷を見たことがある」という一茂。自らの手に傷を残しても子どもを守ろうとした母に「おふくろは強いよ」と感心する

©テレビ朝日

一方「母がすごい根に持っていることがあって」と、幼い頃に家族で遊びに行ったときのエピソードを話すちさ子。

先頭を歩いていたちさ子パパの前に突然野犬が現れ、しかも「野犬も子連れで殺気だっていて」と、ちさ子一家と野犬一家が激突するという修羅場に!

そのとき、元気よく先頭を歩いていたちさ子パパは母親の肩をバンッと叩くと真っ先に逃げ出してしまったとか。

おかげで肩にアザが残ってしまったという母。以来、1年に一回、30年にわたって、そのときのちさ子パパ逃亡劇の話をしていると言う。

しかし、さすがのちさ子パパも黙っていられなくなり、「10年ぐらいたって、話をすり替えて」言い訳を口にし始めたとか。ちさ子パパ10年目の“言い分”も明かされる。

◆井ノ原快彦×森泉が初タッグ!

©テレビ朝日

『ザワつく!金曜日』のあとに放送される『県索しちゃいました』は、日本各地の隠れた魅力を明らかにする新タイプの“県(検)索バラエティー”。都道府県とさまざまな検索ワードを組み合わせてインターネットのなかに眠る“レアな情報”を救い上げていく。

MCは初タッグとなる、井ノ原快彦×森泉。長嶋一茂のほか、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、田中樹(SixTONES)がゲストとして登場する。

※番組情報:『ザワつく!金曜日&県索しちゃいました合体3HSP』
2020年2月21日(金)夜7:00~夜9:48、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事