テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

高嶋ちさ子、夫の“ある対応”に怒り爆発「私が目を離した隙に…」

華麗なる家庭で育ち言いたいことを遠慮なく口にしちゃう、石原良純・長嶋一茂・高嶋ちさ子の3人が、いま世間をザワつかせている社会現象について独自トークを繰り広げる番組『ザワつく!金曜日』

2月14日(金)の同番組では、錦鯉を見に世界各国から外国人がやってくる「錦鯉品評会」の様子を紹介した。

©テレビ朝日

その品評会には、手塩にかけて育てた様々な錦鯉が集結。色彩や大きさなどで100万円超え、なかには億単位の値段がつく高価なものもあった。

VTRを見終えたスタジオでは、一茂が幼い頃、家のベランダに池をつくって魚を飼うも、飼育の知識がなかったため、2日で死なせてしまったという悲しいエピソードを披露。

そこからトークのテーマは「これまでになんであんなにお金を使ったのか、と思ったことは?」に移り、ちさ子は「子どもたちの習いごと」と回答する

ちさ子は「これには、どれだけお金を使ったか。もう腹立たしいよ」と、どれも長続きしなかったためか、身になっていないとイライラ。

一茂が「そういえば、(ちさ子の息子が)極真空手も習っていたよね」と話題を振ると、「そう。でも、私がちょっと目を離した隙に夫が辞めさせちゃったの。『あの可愛い顔が殴られるのを見てられない』だって」と夫への怒りを爆発させた。

©テレビ朝日

良純は「今、無駄だと思っていることも、巡り巡って無駄ではなくなることもある」とちさ子の息子をフォロー。つづけて良純は、「家を建てるタイミングが遅かったので、娘たちと一緒にいる時間も限られている。だから建てる意味があったのかと言われると、そうとは言えない」と、自らの思いを吐露した。

この意見に対して一茂が「今後、車とか家を持たないっていう可能性も出てくるよね」というと、ちさ子は「(お金が)あったらあるだけ使う」タイプだそうで、「だから、毎月マイナス」とお金にまつわる意外な事実を明かし、スタジオの一同を驚かせた。

※番組情報:『ザワつく!金曜日
毎週金曜日 よる7:00〜、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事