テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

浜田雅功「これ間違えたらグーで殴る!」クイズ番組で回答者にひと言

昭和世代が平成生まれの若者たちに“知っていて当たり前の常識”をクイズにして出題していくクイズバラエティー番組『そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?』が、2月18日(火)に放送される。

©ABCテレビ

「今回はマジで簡単!1問目から全員正解しちゃうこともありますよ」と鍋をテーマにした問題を3問用意したのは麒麟・川島明。

1問目は「あご出汁の『あご』って何?」という難易度中の問題だ。川島は「1問目としてはだいぶんチャンスですよ!」と言うものの、表情を曇らせる平成世代も多く、平成世代30人中20人が不正解という結果に。

不正解者で最も多かったのは「魚の“アゴ”の部分」という解答だ。大石絵理にいたっては、「動物ならなんでもよくて、豚や牛のアゴも使われている」と説明。

ほか「“あじ”と“ごぼう”で略してあご出汁」と解答する平成世代も。そんななか、Travis Japan七五三掛龍也の天然な誤解答には、昭和世代も思わず感心する。

2問目は、難易度の低い問題「『あん肝』って何の肝?」。略語が身近な平成世代にとってはチャンスと思いきや、「サメ」「タラ」などの不正解が続出。さらに、「フグ肝」と答えた平成世代には、「命がけですね」と川島が諭すなど、まさかの誤解答まで…。

◆浜田、問題「フクロウに似たこの鳥は何ズク?」に…

©ABCテレビ

愛らしくてヘンテコな動物の生態に迫る人気テーマから2問出題。VTRでヘンテコ動物の解説をするのはアンタッチャブル・柴田英嗣。最初は肌が赤くなったカバの写真とともに「この赤いカバ、なんでこうなった?」という問題を。

出題者のかまいたちが「ちょっと難易度が高いかもわかりませんけど」と話す。しかし、平成世代からはなんと12人もの正解者が!

小学生、中学生も正解するなか、霜降り明星・粗品の解答は「恥ずかしくなって」というもの。渋谷も同じ解答を出し、粗品は自らの不正解に顔を赤らめる。

2問目は、写真を見ながら答える「フクロウに似たこの鳥は何ズク?」。もはや写真を見なくても答えられそうな問題に、MCの浜田雅功も「これ間違えたらもうグーで殴る!」と言うほどだ。

※番組情報:『そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?
2020年2月18日(火)午後9:00~午後9:54、ABCテレビ・テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事