テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『ウルトラマン』のスペシウム光線は、力道山をマネた!実は嫌々中に入っていた“初代”が明かす誕生秘話

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、オードリー・若林正恭と弘中綾香アナウンサーがその体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』

©テレビ朝日

2月15日(土)に放送された同番組では、「本当は嫌々中に入っていた初代ウルトラマンのスーツアクターで、ウルトラマンの動作から必殺技までその場のアドリブで作り出した人」こと古谷敏さんが紹介された。

フルヤさんは、なぜ嫌々中に入っていたのか? そして、動作や必殺技をどう生み出していったのか――?

そして、ウルトラマンをやっていた当時は全く顔を出していないにも関わらず、いまでは世界中で人気になった理由も明かされていった。

◆初代ウルトラマン自ら「スペシウム光線ポーズ」を考案!

©テレビ朝日

映画が好きで、東宝ニューフェイスとして役者デビューしたフルヤさん。夢は恋愛映画の主演、好きな俳優は『エデンの東』『理由なき反抗』のジェームズ・ディーン。

しかし、高身長でモデル体型ゆえに、主役より目立ってしまう…と、役者としてはなかなか声が掛からなかった。

ある日、運命を変える出来事が…。プロデューサーから「ピッタリの役!」と、円谷プロの初テレビシリーズ『ウルトラQ』に登場する宇宙人・ケムール人の役をオファーされたのだ

この役で高い評価を得たが、“着ぐるみ”を着て演技をするのは大変だったため「もう着たくない…」と考えていたフルヤさん。だが、ウルトラマンや怪獣などのデザインを手がけた成田亨(なりたとおる)さんに呼び出され…断れず、ウルトラマン役を演じるハメに!

©テレビ朝日

いざ撮影を開始するも、日本では怪獣と闘うヒーローに前例がなく「動き」に関してノープランな状態…。フルヤさんが自分で、「動き」を考えることに。

まず、“敵とたたかうときの立ち姿”は…憧れのジェームズ・ディーンの立ち姿をマネ!「腰が低いからちょうど画角に収まる」とカメラマンからも好評で、結果これがあのウルトラマンの代表的な“構え”のポーズとなった。

さらに“スペシウム光線”もノープラン撮影の台本のト書きにも「光線発射」としか書いていなかったため、最初はとっさにフルヤさん憧れのプロレスラー・力道山の必殺技「空手チョップ」を使ってポージング!

©テレビ朝日

続けて「光線出すんだからちゃんと固定しないと。光線を合成できない!」と言われ…ただのチョップの形から、腕を固定するポーズに進化。あの「スペシウム光線」のポーズが完成した。

◆辛すぎて降板決意…が、ある言葉キッカケに改心

“動きノープラン問題”のほかにも、「正直しんどかったエピソード」を語ったフルヤさん。

ウルトラマン役は、いつまでたっても顔出しNG。全身スーツを長時間着ていると熱がこもって気分が悪くなり、カットがかかるたびに外で嘔吐していたこともあったという。

さらに、代役がいない責任感の重圧と戦いながら日々過酷な撮影をこなしたフルヤさん。そんなとき、笑顔で楽しそうに談笑する顔出しOKな科学特捜隊役の後輩俳優たちを目にしたフルヤさんは「もう疲れた…」とウルトラマンを降板する決意を固めたという。

辞めることを伝えるため、撮影所に向かうバスに乗り込んだフルヤさん。しかしその車内で、ウルトラマンの話題で盛り上がる子どもたちの会話を聞き「ここでヤメてはいけない」と気持ちを新たに。

撮影所の停留所で下車したフルヤさんは、バスが見えなくなるまで頭を下げながら「ありがとう」と感謝の気持とともに見送ったという。

このエピソードを聞いたゲストの白石麻衣は「素敵…」と感動していた。

©テレビ朝日

さらに俳優引退後に起業したエピソードや、世界中で『ウルトラマン』ファンと交流し続けている現在の様子など、ウルトラマンになった男の激動人生が紹介された。

『激レアさんを連れてきた。』2月15日の放送は、テレ朝キャッチアップにて期間限定(2020年2月22日21時10分まで)で無料配信中

※番組情報:『激レアさんを連れてきた。
【毎週土曜】よる10:10~、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事