テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

田中圭×中村倫也が兄弟役で濃密共演!ドラマ『不協和音』、豪華共演者を一挙発表

主演・田中圭が演じる、愚直なまでにまっすぐに事件と向き合う熱血刑事の兄・川上祐介。

そして、中村倫也が演じる、時に冷徹とも思える冷静沈着さで事件と向き合う東大卒エリート検事の弟・唐沢真佐人。

©テレビ朝日

刑事だった父が自白強要で冤罪を生んだことが引き金となり、幼くして生き別れた兄弟が奇しくも難事件の捜査で再会し、譲れない信念をぶつけ合いながら真相を解明していく『不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事』(原作/大門剛明)。

引く手あまたの人気実力派俳優2人が、時にぶつかり時に深い絆を匂わせ、時にじゃれあいながら最高にエキサイティングな芝居合戦を繰り広げる本作が、2020年3月15日(日)に放送されることが決定した。

©テレビ朝日

過去に共演歴はある田中と中村だが、兄弟役で向き合うのは今回が初めて。そんな2人は撮影初日から深い共鳴を覚えたそうだ。

田中は、「俳優・中村倫也の存在がやっぱり大きい!台本と違ったニュアンスを出しても、全部対応してくれるので安心安全。この作品での相性のよさを感じて、それがいい意味でプレッシャーにもなるし、刺激的です。倫也と芝居でガッツリ絡むべきタイミングは、まさに今だったんだろうなっていう感覚があります」と力強い口調で語る。

©テレビ朝日

一方の中村も、「なんかいい匂いがするぞ、という感じ。具体的にはうまく説明できないので、言葉よりもっと深いレベルで感知しているのかもしれないです。初日の再会シーンから、圭さんとだからこそできる“攻守交代の目まぐるしいやりとり”ができ、『役者をやっててすげぇ楽しかったな』とニヤニヤする瞬間を経験できました」と満足げな笑みを浮かべた。

©テレビ朝日

そんな田中と中村が絶妙な芝居のハーモニーを奏でながら体現する“刑事VS検事の対立構図”と、“兄弟だからこその遠慮のない衝突”、その奥底に潜む“切っても切れない絆と共鳴”。

どこかぎこちないけれど不思議と惹かれる響きを持った“不協和音”な2人から目が離せない。

©テレビ朝日

また本作には、揺るぎない演技力を誇る豪華出演者が集結。

祐介と真佐人が初めて一緒に担当する殺人事件で、被疑者の側に立つ弁護士・宇都宮実桜を演じるのは趣里。犬猿の仲である祐介と丁々発止のやりとりをしつつ、毅然とした態度で弁護活動に励む美桜を、ピュアなエネルギーを放ちながらさっそうと演じる。

また、同事件で被疑者から自白を引き出す警視庁捜査一課の警部補・小寺順平には、杉本哲太をキャスティング。

“穏やかな人柄に見えて、被疑者を落とすためなら禁じ手もいとわない男”をあえてサラリと演じることで、物語に後を引くスパイスを加える。

そして、祐介が尊敬する月島東署佃川交番の巡査長・加藤博行を演じるのは生瀬勝久。窃盗常習犯である青年の更生を心から願って面倒を見るなど、“父性と人情に満ちあふれた男”に慈愛の魂を注ぎ込み、情の深さゆえの温かみはもちろん、やるせなさをも繊細に表現していく。

さらに、相島一之、岡部たかし、川島潤哉、板倉チヒロ、古河耕史、笠松将、小野寺晃良、木下ほうか、多岐川裕美らも出演。色とりどりの音色が響き合う豪華競演に期待したい。

 

※番組情報:ドラマスペシャル『不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事
2020年3月15日(日)午後9:00~放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事