テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

高橋克典主演『庶務行員・多加賀主水』第4弾!夏菜の“キャバクラ潜入捜査”も

高橋克典が銀行の“雑用係”という異色のヒーローを演じる人気ミステリーシリーズ『庶務行員・多加賀主水』。その第4弾が2月16日(日)に放送される。

©テレビ朝日

『庶務行員・多加賀主水』は、曲がったことは許さない、忖度とは無縁――そんな熱い正義感ゆえに世界を放浪するハメとなり、ワケあって現在は“庶務行員”として勤務する男・多加賀主水(高橋克典)が巨悪に対抗する姿を描くミステリー。

原作は元銀行マンという経歴を持つ作家・江上剛氏の人気シリーズで、2017年10月、2019年2月、11月にドラマスペシャルとして放送された。

第4弾となる今作では、主水がいきなり警察から任意同行を求められる…というシーンから幕開け。主水のトレードマークでもある“狐の面”をつけた放火魔が出現し、その謎の男により、町の嫌われ者たちの自宅に次々と火が放たれる事件が発生する。

メインゲストに市毛良枝と岡田義徳という演技巧者を迎えたほか、前作で支店長に就任した山内貴恵役・高島礼子をはじめとするレギュラーメンバーも集結。

©テレビ朝日

また、これまで主水の“相棒役”を担ってきた香織を演じる夏菜は、本作ではキャバクラ店に潜入捜査するというアクティブな活躍を見せる。

高橋克典主演の痛快銀行ミステリー第4弾に期待だ!

◆あらすじ

多加賀主水(高橋克典)は、「第七明和銀行 高田通り支店」の庶務行員。悪事を見逃すことができない性格のため、不正を追及しては職を転々としてきたが、ひょんなことから庶務行員として働きはじめ、いまや町の人気者となっていた。

ある日、主水は窓口にやって来た元教師の女性・大沢勝子(市毛良枝)が“振り込め詐欺”にだまされそうになっていたところを食い止める。安堵したのもつかの間、昔なじみの刑事・梅沢剛(加藤雅也)が現れ、任意同行を求められて驚く。

©テレビ朝日

梅沢によると、昨夜10時すぎに放火事件が発生。被害に遭った住人の壱岐隆(ダンディ坂野)が、“犯人は狐の面をつけた男だった”と証言したというのだ。

現場には「高田稲荷が天誅を下す!」という謎の貼り紙が残されていたほか、第七明和銀行のマスコットキャラクターのタオルも残されていた。

壱岐は道行く人に因縁をつけて相手を怒らせては動画を撮影し、ネットで晒すのが趣味のトラブルメーカーで、主水も町内会長に頼まれて注意を試みて嘲笑された経験があった。被害者への恨みもあり、“狐の面”といえば…ということで主水が事情聴取に呼ばれたのだが…!?

町の人々の不安を解くため、主水や事務課の生野香織(夏菜)たちは消防団の面々と協力し、火の用心の夜回りをはじめるが――その矢先、また放火事件が発生! 町内でも“ゴミ屋敷”として有名な八雲新次郎(槙尾ユウスケ)の家に、同じく狐の面をつけた男が現れて火を放ったのだ。

火の手が上がる直前、同じ高田通り支店の営業課員・吉瀬紘一(岡田義徳)が、八雲に対し「今に天罰が下るぞ」と言い捨てる姿を見かけていた主水は、彼に疑惑を抱く。

吉瀬はパワハラ上司のターゲットにされていた挙句、最重要ランクの取引先である建設会社社長・五大正信(小木茂光)から融資の圧力をかけられ、鬱屈した思いを抱えている様子だった…。

そんななか、主水は勝子の自宅の前で、寂しげにたたずむ小学生の男の子・新藤光一(盛永晶月)を見かける。勝子は学習支援のボランティアサークルに自宅を開放していたが…。

※番組情報:ドラマスペシャル『庶務行員・多加賀主水4
2020年2月16日(日)午後9:00~午後11:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事