テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

右京(水谷豊)、亘(反町隆史)に「特命係を辞めてもらえますか?」

ドラマ誕生20年目×テレビ朝日開局60周年という記念すべき節目の年に18シーズン目をむかえた『相棒』

2月5日(水)に同作最新シーズンの第15話として、2週連続スペシャル「善悪の彼岸~深淵」が放送される。

©テレビ朝日

“右京の元相棒”南井十が、ロンドンの連続殺人事件をなぞっていることに気づいた右京。

次の殺人を阻止すべく奔走するが…彼の最終ターゲットは、亘!?

はたして右京は南井との因縁に決着をつけることができるのか…!?

◆あらすじ

©テレビ朝日

5年前、ロンドンで共に捜査にあたった“逆五芒星事件”を、南井十(伊武雅刀)が東京で再現していると考えた、杉下右京(水谷豊)。逆五芒星事件とはロンドンの地下鉄サークル線の5つの駅で起きた連続殺人で、確かに原宿と日暮里で起きた殺人事件では駅の位置関係や被害者の境遇、手口が酷似していた。

そこへ、交番勤務の巡査が何者かに拳銃を奪われた挙句、射殺されたという知らせが入る。逆五芒星事件の第3の事件でも、やはり警察官が散弾銃で撃ち殺されていた…。

なんとしてでも第4の事件を阻止しなければ…。そう考えた右京と冠城亘(反町隆史)は、南井の指示を受けた実行犯による連続殺人の可能性を刑事部長・内村完爾(片桐竜次)らに報告。次の標的は、池袋近辺にある大学の女性学長ではないかと推理する。それを聞きつけた内村は学長の警護に人員を割くことを決定するが、右京は南井がそのまま逆五芒星事件を模倣するつもりではない予感も抱いており…!?

©テレビ朝日

その後――南井の最後のターゲットが、自分の“相棒”、つまり亘ではないかと考えた右京は、耳を疑う言葉を亘に投げかける――「特命係を辞めてもらえますか?」。

はたして南井は本当に黒幕なのか、黒幕なのだとしたら彼の真の狙いとは…!? 特命係VS南井十――ついに“元相棒”との因縁が決着!!

※番組情報:『相棒season18』第15話 2週連続スペシャル「善悪の彼岸~深淵」
2020年2月5日(水)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事