テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

アニメ『イエスタデイをうたって』4月4日放送開始!メインキャストも発表

テレビ朝日が新たに立ち上げる深夜アニメ枠「NUMAnimation(ヌマニメーション)」で、同名人気コミックが原作の『イエスタデイをうたって』が、4月4日(土)より放送される。

©テレビ朝日

『イエスタデイをうたって』は、1998年から2015年まで18年にわたってビジネスジャンプ〜グランドジャンプで連載されていた人気漫画。

作者は冬目景、コミックスはシリーズ累計140万部を突破している同作が、完結から5年の年月を経てアニメ化される。

大学卒業後、定職には就かずにコンビニでアルバイトをしている”リクオ”。特に目標もないまま、将来に対する焦燥感を抱えながら生きるリクオの前に、ある日、カラスを連れたミステリアスな少女―“ハル”が現れる。

彼女の破天荒な振る舞いに戸惑うなか、リクオはかつて憧れていた同級生“榀子”が東京に戻ってきたことを知る。

©冬目景/集英社・イエスタデイをうたって製作委員会

今回、キービジュアルとメインキャスト4名も発表。魚住陸生(リクオ)役には小林親弘、野中晴(ハル)役には宮本侑芽、森ノ目榀子(榀子)役には花澤香菜、早川浪(浪)役には花江夏樹が決定した。

監督・シリーズ構成・脚本は藤原佳幸、脚本は田中仁、キャラクターデザインは谷口淳一郎、音響監督は土屋雅紀、アニメーション制作は動画工房(制作:DMM.futureworks)というスタッフによって制作。

地上波放送に加え、AbemaTVでも地上波同時・独占先行配信を行い、本編に続く配信限定エピソードも展開されるほか、アニメ公式YouTubeチャンネルでは特報トレイラームービーも公開される。

◆小林親弘(魚住陸生・役)コメント

©冬目景/集英社・イエスタデイをうたって製作委員会

「『イエスタデイをうたって』は、大学生前後の若者たちが日々悩みながら、自分の想いを頼りに行動していく青春群像劇。リクオの優柔不断さ、奥手さにシンパシーを抱きながら大切に演じていきました。実写作品や舞台のように生身感あるアプローチで芝居に臨んでいます」

魚住 陸生(うおずみ・りくお):大学を卒業するが就職はせず、コンビニでアルバイトしながら生き方を模索中。

◆宮本侑芽(野中晴・役)コメント

©冬目景/集英社・イエスタデイをうたって製作委員会

「若者たちの感情の揺れがとってもリアルに描かれている作品です。何事にも葛藤してしまう姿に共感します。そんななかでハルちゃんは、誰よりまっすぐ想いをぶつけていく女の子。強くてかっこいいなあ、と勇気をもらいながら演じています」

野中晴(のなか・はる):カラスを連れた不思議な雰囲気の女の子。リクオのバイト先を頻繁に訪れる。

◆花澤香菜(森ノ目榀子・役)コメント

©冬目景/集英社・イエスタデイをうたって製作委員会

「榀子さんは学校の先生をしていて、お料理が上手くて思いやりがあって、完璧な女性に見えるんですけど、恋愛面では脆くて…。日常の風景がとても絵になるフィルムのなかの、彼女のジリジリともどかしい恋愛模様を見守っていただけたらうれしいです」

森ノ目榀子(もりのめ・しなこ):リクオの大学の同級生。卒業後は地元で非常勤講師をしていたが、東京に戻ってきた。

◆花江夏樹(早川浪・役)コメント

©冬目景/集英社・イエスタデイをうたって製作委員会

「会話のテンポ感がすごくすてきな作品だと、アフレコを経てあらためて感じました。無言の間にも心の動きが繊細に描かれているのです。浪の恋は、とてもハードルが高いものなのですが、めげずに頑張り続けるので、応援よろしくお願いいたします」

早川浪(はやかわ・ろう):美大を目指し予備校に通う高校3年生。榀子のことを幼少期から知っている。

※番組情報:『イエスタデイをうたって』
2020年4月4日(土)放送開始 深夜1:30~2:00【毎週レギュラー放送】、テレビ朝日(※関東地区)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事