テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

有吉弘行の“アドバイス”で迷い吹き飛ぶ…ハナコ岡部“全力食リポ”誕生裏話

視聴者から寄せられた投稿メールや、さまざまな欲望を叶えるVTRを見たマツコ・デラックスと有吉弘行が感じたこと、疑問に思ったことなどを独自の視点でトークしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』

©テレビ朝日

2019年の10月には深夜帯から金曜よる8時のゴールデンタイムに進出、マツコ&有吉のトークに加えて同番組の「ガチガチランキング」も注目を集めている。

この「ガチガチランキング」では、「まだ知られていない東京都内の美味しい商店街のお総菜」「レトルトパスタ」「おでん」などのお題に対して、その道の有識者が忖度なしで選ぶランキングを作成。取材NGの店舗も可能な範囲で紹介するというユニークな手法で毎回、超有名店の名物から知られざる逸品など“ガチで良いものだけ”を紹介している。

そんな「ガチガチランキング」で有識者がセレクトした逸品や名店を紹介するリポーターたちのなかで、ひときわ存在感を放っているのがお笑いトリオ・ハナコの岡部大。

1月17日(金)よる7時から放送される同番組の2時間スペシャルを前に、ハナコ岡部に全力で食リポする理由や同番組のロケでの思い出…そして食リポの際、よく衣装として着用している日本の4人組バンド・never young beachのTシャツについて聞いた。

©テレ朝POST

ーー2019年は『かりそめ天国』の「ガチガチランキング」をはじめ、数多くの番組などで岡部さんを目にしました。『かりそめ天国』では“全力食リポ”が印象的でしたが、あのスタイルが生まれた経緯を教えてください。

ハナコ・岡部大(以下、岡部):初めて番組に呼んでいただいたとき、実はピンチヒッターとしてのお声がけだったんです。現場に着いたとき「狩野英孝さんがインフルエンザでダウンされたので…」と呼ばれた理由を説明されて。そこで「若手の芸人に行ってもらうことに決めた」ってディレクターさんから説明を受けました。

そのディレクターさんからは「ぶっちゃけ、大抜擢なのよ」とも聞かされましたし、自分でも2度と無いチャンスだなと感じました。それで「もう、やるしか無い!」と思ったら、滾っちゃったというか…(笑)。

ーーはははは。では、食リポに挑むとき、他に何か心がけていることはありますか?

岡部:コントでも得意にしている顔芸です。まだまだ言葉で流暢に表現できないぶん、表情で美味しさをお伝えできるように心がけています。

©テレビ朝日

ーー毎回、インパクトのある表情を披露されていますよね。

岡部:ありがとうございます。ロケの回を重ねるごとに、カメラマンさんと僕の顔の距離が近くなっているのを感じるんです(笑)。「あれ、こんな近かったかな…」って思うぐらい顔に寄ってくださっています。

ーー『かりそめ天国』の出演前後で、大きく変わったことはありましたか?

岡部:それまでは、大食い系の番組によく呼んでいただいていましたが、『かりそめ天国』出演後は大食い以外のグルメ系の番組にも呼んでいただけるようになりました。量を伝える方がメインだったんですけど、質を伝えるお仕事にもお声がけいただけるようになりました。食リポというジャンルで、お仕事が広がっていって嬉しいです。

ーー印象に残っている『かりそめ天国』のロケはありますか?

岡部:四千頭身・後藤拓実の実家で食リポしたときですね(笑)。

ーー他の芸人さんの家、しかも実家で食リポするってめったにない機会だと思いますが、いかがでしたか?

岡部:意味がわからなかったですね(笑)。どうして、後藤の家なんだろうって。後藤のご家族も「何でウチなんですか?」って、ずっと首をかしげていて。スタッフさんに聞いても、みんな「何でだろうね」って言ってましたし…。

©テレ朝POST

ーー岡部さんのリポートを見たマツコさん&有吉さんの感想のなかで印象に残っている言葉はありますか?

岡部:僕が参加させていただいた2・3回目の「ガチガチランキング」で「今回は顔芸だけじゃなくて、言い回しとかで美味しさを伝えたい」と考えていたときがあって。でも、そのときロケでは、まったく上手く伝えることができなかったんです。

そしたら、スタジオでそのVTRを見た有吉さんが「岡部はそんなんじゃないんだよ!『スゴイ!』を100通り用意すればいいんだよ。俺が岡部の直の先輩だったらそう言うよ」ってアドバイスのようなコメントをしてくださって。

その言葉を聞いて「『スゴイ!』以外は要らないんだ…」とハッとしたというか、気付かされました。

変に苦手な言い回しにこだわったりしていましたけど、できることを全力で頑張れば良いのかって、すごく心に響きました。その言葉を胸に、4回目、5回目と食リポに呼んでいただいたんですが、今度は「スゴイ!」を言おう言おうと意識し過ぎちゃって…。そうすると今度は「嘘くさいな」って言われるようになって、今ちょっと悩んでいるところです。

ーーマツコさんのコメントで、印象に残っている言葉はありますか?

岡部:僕自身はそんなに意識していなかったんですが「じゅわじゅわですね〜」とか、食リポのときのオノマトペが“セクシー男優さん”のセリフのように聞こえてしまったみたいで(笑)。意識はしていなかったんですけど、そう聞こえてしまうこともあるんだなと、改めて気づかせていただきました。

ーー食リポで紹介した食べ物やお店で、ロケ後にプライベートで購入したり、再度訪れたりしたお店はありますか?

岡部:東池袋の「ウチョウテン」さんのハンバーグは食べにいきました。来店したら、シェフと奥さん、それに娘さんが、とても喜んでくれました。

あと、ハムカツサンドが美味しかった東銀座の「チョウシ屋」さんにも、もう一度行きたいですね。ロケで紹介させていただいたお店は全部美味しかったので、全部の店にもう一度行きたいんですが、あまり時間がなくて…。

©テレ朝POST

ーー『かりそめ天国』でグルメ芸人と言えば、アンジャッシュ・渡部建さんがいらっしゃいますが、そのポジションにチャレンジしようと思うことはありますか?

岡部:渡部建さんは…恐れ多いですね(笑)。渡部さんや石塚英彦さんなどの先輩方の領域に挑むのは難しい。食べることは大好きなのですが、渡部さんや石塚さんのような美味しさを言葉で上手に伝えるスキルが僕にはまだありませんので。ただ、同世代の芸人のなかではトップになりたいですね。

ーーライバル視している同世代の芸人はいますか?

岡部:宮下草薙の草薙航基です。彼も「ガチガチランキング」に出ていますが、どんどん彼の出演回数が増えているんですよ!有吉さんも番組で仰っていましたが草薙って、器用なんです。

不器用にみえるように振る舞っているんですけど、良いフレーズを残したり、面白いことをしたり…とにかく器用。だから、草薙には脅威を感じています。

©テレ朝POST

ーー岡部さんは、よくnever young beach(通称:ネバヤン)のTシャツを着てテレビに出演されています。衣装として、そのTシャツやトレーナーを選んだ理由を教えてください。

岡部:最初に『オールスター後夜祭』(TBS)で着たんですが、そのとき周りの方が「いいじゃん!」って言ってくださって。

それまで、シンプルな赤・白のボーダーのTシャツを着ていたんですが「それ、やめなよ」「何なのその赤ボーダー」って言われることが多くて、あまり評判が良くなかったんです(笑)。バナナマン・設楽さんには「海賊」っていじられたことがありました。

そんな感じだったので、何か良いのがないかなって探していたときに、ネバヤンさんのライブに行ってツアーグッズを買わせていただいたんです。それを着て、テレビに出てみようかなって思って着たのがきっかけですね。初めて着たとき、マネージャーさんから「そのクマなんなん、めっちゃ可愛い」って褒めてもらいました(笑)。

ーー2019年はnever young beachのみなさんと共演もされましたね。

岡部:勝手に着ていたら、メンバーと繋がって(笑)。最初、怒られるかなと思ったんですけど、他局のCSの番組でやっていたネバヤンさんのツアーお疲れ様スペシャルに呼んでいただけました。番組とはいえ、大好きなバンドの方々と一緒に温泉旅行にいけるとは思わなかったので、めちゃくちゃ嬉しかったですね。「勝手に着ておくものだなぁ」と思いました(笑)。メンバーの方たちと連絡先交換もできました。

ーーちなみに、never young beachのTシャツとトレーナーは全部で何枚お持ちですか?

岡部:クマの絵が書いてあるTシャツは8枚、トレーナーは2枚です。だから、冬が大変なんですよ(笑)。

2枚でローテーションしているので、トレーナーにめちゃくちゃ毛玉ができちゃうんですよ。だから毛玉取り機を使ってケアしています。

ーー食リポするとき、食べこぼしとか注意しますか?

岡部:そうなんですよ!トレーナーはグレーだからあまり目立たないんですけど、カレーのシミとかはちょっと残ってしまっていますね(笑)。そのお陰といってはなんですが、洗濯のテクニックをめっちゃ覚えました。いろいろ挑戦していたら、つけ置き用とか襟袖用とか持っている洗剤の種類も増えました。今では「カレー系のシミだから、こっちだな」「醤油だから、こっちだな」って感じで洗剤や洗い方を使いわけています。

ーーでは最後に、今年全力で挑戦したいことを教えてください。

岡部:食べ物のリポートにたくさん行かせていただいたんですが、ジェットコースターとかの絶叫系のリポートも楽しかったので、またチャレンジしたいですね。絶叫系は得意ではないですが、好きなので。自分の靴下の匂いを嗅ぎたい気持ちというか…怖いとか臭いとわかっているのに、ついやってしまうというか…リアクション系のリポートに、もっと挑戦してみたいですね!

※アナタが叶えてほしい「欲望」大募集!

※マツコ&有吉に聞いてほしい、トークしてほしい話を大募集!

※番組情報:『マツコ&有吉 かりそめ天国
2020年1月17日(金)午後7:00~午後8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事