テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

武田真治、ひきこもり生活から立ち直らせてくれた“恩人”明かす

1月11日(土)、反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』の特番が放送。俳優、ミュージシャンとして多彩な活動を展開する武田真治が、「完璧じゃないと満足できず、“できない自分”に絶望しちゃった先生」として授業を行う。

©テレビ朝日

サックスを演奏しながら華麗に教室に現れた武田。生徒たちが大盛り上がりで迎えるなか、武田は今回、「これまで誰にも言わず、ずっと秘めてきたしくじりをテレビ初告白する」と宣言。序盤から教室は騒然とする。

©テレビ朝日

17歳でデビューして以来、数々のドラマや映画、バラエティーで活躍。サックスプレイヤーとしての実力も高い評価を受けてきた武田真治。

しかし、実はあの人気バラエティー『めちゃ×2イケてるッ!』に出演していたとき、華やかな舞台の裏側で、「芸能界引退を事務所に申し出る」、「怪しい自己啓発セミナーにだまされる」、「北海道の実家でひきこもり生活を送る」…という“地獄”を味わっていたと今回テレビ初告白。

その原因は、「完璧じゃないと満足できず、“できない自分”に絶望してしまったから」。

武田は、自分で思い描いていたベストな結果を出すことができなかったとき、ひたすら自分を追い込んでしまい、完璧ではない自分に絶望してしまったのだという。

©テレビ朝日

授業では、武田がひきこもりになるまでの全真相を激白。

学生時代は勉強もスポーツも音楽もできてモテモテで、16歳で「ジュノンスーパーボーイコンテスト」のグランプリも獲得し自信満々。その後、“フェミ男ブーム”で大ブレークも経験するが…。

そんな輝かしい芸能生活を歩んでいたはずの武田が、日常生活すらままならないほどのうつ状態となり、ひきこもり生活を送るようになった原因とは?

そして武田は、自分に立ち直るきっかけを与えてくれた“ある人物”のことも告白。その“恩人”とは、一体誰なのか?

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!』武田真治先生
2020年1月11日(土)午後11:15~深夜0:05、テレビ朝日

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事