テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

松島幸太朗「絶対に負けられない!」と闘志を燃やす!中村俊輔、遠藤保仁ら「木梨ジャパン」と真剣勝負

石橋貴明&木梨憲武がスポーツ界の頂点に立つ強豪たちに真剣勝負を挑む、お正月の風物詩ともいえる『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』が、2020年1月2日(木)に放送される。

今回のスペシャルでは、おなじみのサッカーと2019年日本中が大いに沸いたラグビーが異種競技でバトル。『スポーツ王』史上初となる新競技で真剣勝負を行う。

©テレビ朝日

ラグビーからは「チーム松島幸太朗」として、ラグビーワールドカップ2019日本代表の松島幸太朗(サントリーサンゴリアス)が登場。W杯開幕戦では、ハットトリックを決めるなど初のベスト8進出の立役者となったスーパープレーヤーが2016年のキックベース対決以来2度目の参戦をはたす。

さらに、日本ラグビー代表の礎を築いたレジェンド・大西将太郎と、強靭な肉体を誇るベテランのプロップ・浅原拓真(日野レッドドルフィンズ)という頼もしい2人が松島をサポートする。

そんなラグビーチームを迎え討つのは、木梨憲武率いる「木梨ジャパン」。10年ぶりの登場となる天才レフティー・中村俊輔(横浜 FC)、4年ぶりの参戦となる代表歴代最多出場記録をもつゲームメーカー・遠藤保仁(ガンバ大阪)、2度目の参戦となる俳優・成田凌、そしておなじみの頼もしいメンバー・中山雅史、中澤佑二が、木梨とともにチーム松島幸太朗に勝負を挑む。

◆遠藤、中村のキックは「誰も真似できない」

収録前、「木梨ジャパン」として出場する中村は「シーズン中でしたが、時間があるときはラグビー・ワールドカップの試合をまるまる1試合みていました。その選手が今日いるので楽しみです」と、「チーム松島幸太朗」との対決に期待を寄せていた。また、遠藤保仁も「オフの楽しみのひとつですね。他の競技のアスリートと対決するのは楽しい」と対戦を心待ちにしていた様子。

そして中村と遠藤の2人は、日本屈指のフリーキッカーとしても知られており、プレースキックに定評がある。遠藤は中村のキックのすごいところについて「近かろうが遠かろうが精度が間違いない。数多く近くで見てきましたけど、すべてのレベルが高い、誰にも真似できないと思います」とコメント。この日の対決で、中村の鮮やかなキックが飛び出す場面はあるのか…勝負の行方と合わせて注目だ。

◆松島に思わず一同大歓声

©テレビ朝日

まずは、トラックに置かれた障害物を越えてゴールしたタイムで競い合う「障害物リレー」。木梨ジャパンはサッカーボールを、チーム松島幸太朗はラグビーボールをバトン代わりにゴールを目指す。

リレーするのは、ハードル→パス&ラン→ジグザグドリブル→ウォールタックル→逆風ゾーンの5つ。木梨ジャパンはハードルを中山、パス&ランを遠藤&成田、ジグザグドリブルを中村、ウォールタックルを中澤、逆風ゾーンのアンカーを木梨という順序で勝利を目指す。

一方、チーム松島はハードルを浅原、パス&ランを浅原&大西、それ以降をすべて松島が担当するという采配。「手を使えるからラグビーが有利じゃない!?」とザワつく木梨ジャパンだが、大西が「武田(修宏)さんに走りで負けたことがある」と告白すると、「え…これは期待できるかも(笑)」と中山はが然ノリノリに。いざスタートし、スピードスター・松島が力強いタックルで壁を突き破って走ると一同大歓声。

「絶対に負けられない!」と闘志を燃やす松島は、勝利のトライを決めることができるのか。

◆“サッカーorラグビー”好きなボールで「的当て」!

続く「キャッチングダウン対決」は、キッカーがボールを蹴ると同時に、ほかの選手が一斉にボールを追いかけ、より遠くでキャッチしたチームが勝利となる。

キックがカギを握るこの勝負を前に、木梨は「ヤットさんに正確な球を蹴ってもらいます」と最初のキッカーに遠藤を任命。それを受けた遠藤は「いったんラグビーボールで!」といきなりまさかのラグビーボールを選択する。

遠藤のキックを見て「めちゃくちゃ取りやすそうな優しいボールで結構距離も出てる…ヤバイ」とつぶやきながらも、自らキッカーを買って出た松島は、堂々「50m飛ばす」と宣言する。

ラストはラグビーボールの間に設置された的にボールを当てる「的当て対決」。みごと的に当てた人には賞金100万円が贈呈されるとあって、選手たちのテンションも上がる。

そして、このラストバトルでは、木梨が「本当に決める人が決めるもんだなというのを実感した」と語ったウルトラ級のプレーが飛び出す

◆木梨憲武(とんねるず)コメント

「的当て」の賞金が100 万円…ウルトラ級のプレーが出ましたね。また、「お見事!」というしかないほどのプロの技術、対応力の早さを、サッカー、ラグビーどちらの選手からも見せていただきました。

あと、やっぱりどちらの選手も鍛え抜かれた同じ太ももをしていましたね。カスカスなのは僕だけでした(笑)。

松島選手は小学校のときにサッカー部だったという話を聞いていたんですが、サッカーボールでもラグビーのボールでもどちらを使ってもいいっていう時に、サッカーボールを選ぶあたり…これは見どころだと思います。成田くんも本業のドラマや映画のスケジュールを調整して来てくれるというね。今後も必ず来ること確定ですね(笑)。今回もいいプレーをしたけど、本人的にはきっとまだ悔しいはずなので、“これだ!”っていうプレーが出るまで来ていただきたいですね。

木梨ジャパンは夏に引き続き、全員が池に飛び込む姿勢で来たのに、池がなかったので悔しいです(笑)。水に飛び込んだ後に全員でシャワールームに向かうんですけど、その時に一つになった感じがするんですよ。“本当の仕事”というのは水に飛び込むことだと思うので、次回は若手芸人に混じって浮島でのキャッチングから始めます(笑)。

◆松島幸太朗(サントリーサンゴリアス)コメント

テレビでいつも見ている人たちと、なかなかやる機会のない経験ができたので、思いきり楽しむことができました。“ウォールタックル”のウォールが思った以上に重くて、思わず途中で“あと何枚あるんだろう…”って考えてしまいましたが(笑)、タックルの力強さを見ていただきたいと思います。

ワールドカップ以降、応援してくれる人、街で声を掛けてくれる人が増えました。1月からは、ジャパンラグビー トップリーグも始まりますので、そちらも応援よろしくお願いします!

◆遠藤保仁(ガンバ大阪)コメント

久しぶりの『スポーツ王』で楽しかったです。今、盛り上がっているラグビーの選手たちとも共演できて、ラグビーボールを蹴ったりもして嬉しかったですね。僕が蹴ったボールをほかのメンバーが走ってキャッチするという、サッカーではやったことのない「キャッチングダウン対決」に注目してほしいです。どれだけの距離を蹴るのか考えたり、ボールを追いかけて手でキャッチするなんてことはめったにないので、楽しんで見ていただけると思います。

◆成田 凌コメント

今回、中村選手、遠藤選手も来られて、伝説といわれる人たち…憧れ中の憧れの人たちと一緒に『スポーツ王』に出られてめちゃくちゃ嬉しかったです。実は子どものころ、中澤さん、中村選手と握手してもらったことがあるんですよ。伝説といわれる人たちとご一緒できる日が来るなんて…あの頃の自分に教えてあげたいです。ラグビーチームの皆さんの体を触らせてもらったんですけど、やっぱりすごいですよ! すごい筋肉でした。サッカーもラグビーも“やっぱりすごい!”というのを痛感した一日でした。本当に皆さんかっこよかったです! ありがたいことに、『スポーツ王』に出させていただくのは今回が2度目でしたが、3度、4度…といわず、永遠に呼んでほしいです(笑)。

※番組情報:テレビ朝日開局60周年記念『夢対決 2020 とんねるずのスポーツ王は俺だ!!5時間スペシャル
2020年1月2日(木)夜6:30~11:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事