テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

所ジョージも感動!99歳・番組史上最高齢の親子が住む“ポツンと一軒家”を再訪

日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家。衛星写真だけを手がかりにその地へと赴き、一軒家の実態を徹底調査しながら人里離れた場所にいる人物の人生にも迫っていく番組『ポツンと一軒家』。

©ABCテレビ

2019年最後となる12月29日(日)の放送では、これまでに訪れた一軒家の住人のその後を取材しつつ、新たな一軒家も紹介する2時間スペシャルをお届け。長崎県と和歌山県、熊本県にある“ポツンと一軒家”が登場する。

MCの所ジョージとパネラーの林修は、当時を振り返りながら住人たちとの再会を楽しみにVTRを見ていく。

©ABCテレビ

そして最後には、所が「2019年の締めくくりにふさわしい一軒家だね!」と感動する場面も。

◆2年ぶりに長崎県、五島列島のポツンと一軒家へ

長崎県・五島列島のとある島にある一軒家を訪れたのは2年前。

その一軒家では、番組史上最高年齢となる99歳のおばあちゃんと、70歳の娘さんの親子がふたりで暮らしていた。今回、久しぶりにそのおばあちゃん親子に会いに行く。

当時、捜索隊が訪れたときは五島列島では珍しく雪が積もった1日で、極寒の中で衛星写真の一軒家を捜索。目当ての一軒家へは車で行ける道がなく、雪の積もる山を遭難しそうになりながら越えて向かったものの、そこはすでに廃業した真珠養殖の作業場だった。

その後、定期連絡船の船長から得た「島に一世帯だけ暮らしている母娘がいる」という情報を元に、捜索隊は船で島へと渡り、99歳のおばあちゃんと出会ったのだった。

かつて漁師村として大いに栄えた島には家だけが残り、今では住んでいるのはこの母娘のみとなった島で、独身だった捜索隊に対しておばあちゃんが「はよ結婚せんと!アンタのお嫁さんを見届けるように待っとるで」と話していたのが印象的だった。

あれから時が経ち、いまだ独り身の捜索隊だが、おばあちゃんと再会を果たすために五島列島へ。

「前回は雪だったけど、今回はとてもいい天気!おばあちゃん、元気だといいなあ」と再会の期待に胸を膨らませるが、まさかの展開が待っていた。

※番組情報:『ポツンと一軒家』2時間SP
2019年12月29日(日)午後7:58~午後10:00、ABCテレビ・テレビ朝日系列にて全国ネット

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事