テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

sumika『おっさんずラブ-in the sky-』主題歌をMステで披露!田中圭ら出演者から特別メッセージも

12月13日(金)に放送される『ミュージックステーション』にsumikaが出演。現在放送中のドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』の主題歌『願い』を披露する。

放送当日は、『おっさんずラブ-in the sky-』主演の田中圭のほか、吉田鋼太郎、千葉雄大からも特別メッセージが。さらにパフォーマンス中には『おっさんずラブ-in the sky-』の映像も背景で流れ、ドラマの世界観をそのままに楽しむことができる。

ドラマのために書き下ろされたことでも知られる今作『願い』。

ボーカルの片岡健太は「ドラマ制作の0段階からともに制作を進められたので、台本やコンテがアップデートされるたびに歌詞やアレンジを何度もアップデートしていきました」と制作秘話を語る。

ギターの黒田隼之介は「ドラマの主題歌ということもあり、作中でテレビからこの曲が流れてくることを意識しながら楽器の編成やアレンジを決めていきました」と明かし、「sumikaを知ってくれている人も知らない人も、“お、いい曲じゃん”と思ってもらえたらいいなぁと願いながら、sumikaの1番の武器である“歌”を活かせるようにアレンジを組んでいきました」と思いを明かした。

片岡いわく、「意外なコードを使っているので、弾き語りをするのが難しいかも」という同曲。ドラムの荒井智之は「ドラムのフレーズは基本的にアドリブの部分が多いので、その時その時でフレーズに変化が出ると思います」、黒田は「ギターのパートは、フレーズで前に出るのではなく、全体を支えるように意識して演奏しています」とのこと。

また、キーボードの小川貴之は「曲頭のサビの部分のピアノが何よりも緊張します。カバーされる際はミスタッチにご注意を」と、それぞれのパートでの演奏のこだわりなどもコメントしてくれた。

さらに黒田は、「ドラマの中で曲を聞くと特にそうなのですが、誰が誰を思って歌っているのか、と言うのがたくさん受け取り方のある歌詞になっていると思います。サウンドもこの季節らしい冬を感じられるサウンドになる様に心がけました」とドラマと一緒に曲を楽しむ醍醐味を語った。

◆Toshl『アナと雪の女王2』のエンドソングを歌唱

Toshlは公開中の映画『アナと雪の女王2』のエンドソング『イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに』を披露。

ディズニー映画の楽曲をイベントコンサートなどで歌ったこともあるというToshlは「大好きなディズニー映画の楽曲を、しかも最新曲をMステで歌唱させていただくなんて、夢のようです」と感激した様子。

前回出演時には『イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに』を歌う中元みずきのパフォーマンスを目の前で見ていたと話し、「生き生きとしたパワフルな歌声に感動いたしました。Mステ初出演であんな風に思いっきり歌い上げられるなんて、すごい歌手がまた出てきたなと驚きました」と振り返った。

「キーが高く、ロングトーン、転調、飛びまくる音階、セリフ…。キャッチーな曲に聞こえますが、実際に歌ってみると超難曲です」とToshl。「僕にとってもチャレンジとなる曲です」と、熱く意気込んだ。

※番組情報:『ミュージックステーション
2019年12月13日(金)よる9時~、テレビ朝日系24局ネット

【出演アーティスト】50音順
・UVERworld:『AFTER LIFE』
・Snow Man:『D.D.』
・sumika:『願い』
・Toshl:『イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに』
・BoA:『メリクリ』
・Little Glee Monste:『愛しさにリボンをかけて』『恋人たちのクリスマス』
・和楽器バンド:『Ignite』

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事