テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『ポツンと一軒家』捜索隊、巨大な角をもった野生動物と遭遇…!冷や汗かきながら進む

日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家。衛星写真だけを手がかりにその地へと赴き、一軒家の実態を徹底調査しながら人里離れた場所にいる人物の人生にも迫っていく番組『ポツンと一軒家』

©ABCテレビ

12月8日(日)に放送される同番組には、スタジオゲストとして山本寛斎と若村麻由美が出演。島根県にある“ポツンと一軒家”が登場する。

◆島根県にあるポツンと一軒家

島根県の西部、山の深い場所に一軒家が見える。衛星写真でも道がしっかりと映っており、林修は「これだけハッキリと道があれば、すんなりと行けますよ」と楽観視する。若村は、日本海に近い山であることに着目。「漁師さんが山を求めて?」と予測を立てる。

捜索隊はその山から4キロほど離れた集落へと向かい、農作業をしている夫婦に声をかけることに。

すると衛星写真を見るなり「この家は知っていますよ」と、いきなり有力な情報源に当たる。家までの道のりも詳しく教えてもらうことができ、しかも「いつも番組で放送されているような細い山道ではないですよ」と安心材料まで与えてくれた。

©ABCテレビ

その言葉にすっかりと安心して一軒家へと向かう捜索隊。だが、集落から山道へと入ると、いきなりの急勾配! しかも、道はどんどん細くなっていく。

その山道はやがて、木の根がむき出しになり山肌がせり出した危険な道に…。さらに、反対側は崖! 車1台がようやく通れるような細い道で、捜索隊は冷や汗をかきながら進む。さらには、巨大な角をもった野生動物が飛び出してくるなど、なかなかハードな道のりとなった。そんな険しい道の先で捜索隊は、親子3人と出会う。

※番組情報:『ポツンと一軒家
2019年12月8日(日)午後7:58~午後8:56、ABCテレビ・テレビ朝日系列にて全国ネット

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事