テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

仲野太賀「事務所には止められたけど…」“ある監督”の誘いを受け、強行日程でカンヌに向かった理由

©テレビ朝日

ドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)でゆとり世代のモンスター社員を演じてブレークし、ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK)、映画『淵に立つ』(2016年)、映画『50回目のファーストキス』など数多くのドラマ、映画に出演。シリアスからコメディーまで変貌自在に演じ分ける若手実力派俳優として引っ張りだこの仲野太賀さん。2020年2月7日(金)には、元乃木坂46の衛藤美彩さんとW主演をつとめた映画『静かな雨』の公開も控えている。

©テレビ朝日

◆作品に臨むときは「最初で最後」の覚悟で

10代の頃から演技力を高く評価されていた太賀さんだが、知名度も飛躍的に高まったのが2016年。映画『淵に立つ』(深田晃司監督)で第38回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞したもこの年だった。

「2016年は本当に転換期だったのかもしれないですね」

-深田監督とは映画『ほとりの朔子』(2014年)が最初ですか?-

「そうです。全部で3本やらせていただいてるんですけれども、最初『ほとりの朔子』に出させていただいたときは、僕はまだ18か19歳で、まだまだ無名でした。

ですがご縁があって出演させていただくことになって、『こんな日本映画を作る人がいるんだ』という驚きと、『これは絶対に良い作品になる』という確信がずっとありました。

実際に公開になったら、小規模な作品ではありましたが、反響も大きかったんです。深田さんとの出会いが自分にとってはすごく大きかったですね」

-そして2本目となる『淵に立つ』のオファーがあったときはいかがでした?-

「本当にうれしかったです。深田さんに限らずですけど、作品に臨むときには『最初で最後だろう』と思います。

また呼んでもらえるかどうかなんてわからないし、目の前の作品をどれだけ一生懸命やるかでしかないじゃないですか。

それがまた深田さんに呼んでもらえて、ましてや当て書き(その役を演じる俳優をあらかじめ決めて脚本を書く)で書いてもらえたことがすごくうれしかった。『頑張らないと!』って思いました」

映画『淵に立つ』はごく平凡な夫婦(古舘寛治&筒井真理子)の前に突然ある男(浅野忠信)が現れたことにより、平穏だった日常に不協和音が生じ始め、危機に瀕していくさまを描いたもの。太賀さんは、物語の後半で重要なキーパーソンとなる孝司役で出演。

-この作品では太賀さんが「第38回ヨコハマ映画祭」で最優秀新人賞を受賞されましたし、「第69回カンヌ国際映画祭」『ある視点』部門審査員賞を獲得しました。太賀さんもカンヌに行かれたそうですね-

「はい。弾丸で行きました。ちょうど『ゆとりですがなにか』の撮影中で、『これは行けないな』と思っていたんですけど、たまたま3、4日の撮休がもらえて。

海外で何が起こるかわからないので、万が一のことを考えて事務所には止められたんですけど、居ても立ってもいられなくて(笑)。

深田さんが『本当にカンヌには来られないの?』ってすごい連絡をくれたんです。

レッドカーペットにはどうしてもスケジュールが合わなかったんですけど、映画祭自体は2週間ほど開催しているし、監督も期間中はずっとカンヌにいる。深田さんから『ちょっとでもカンヌの雰囲気を太賀君に味わって欲しい。どうしても来られないのか?』って。

『もし、カンヌで取材とか、登壇に間に合わなかったとしても、一映画人として、カンヌに来るということの意味ってすごくあるから、ぜひ太賀くんに来て欲しい』。そんな連絡をもらったら、『これは行くしかない』と思うじゃないですか。気づいたら航空券を予約していました(笑)」

-カンヌに居られた時間はどのぐらいだったのですか-

「2泊だったと思います。感動しましたね。来るまでは遠い世界に感じていましたけど、これは夢なだけじゃない。自分が今生きている世界の地続きにちゃんとあるもので、実感が湧いてきたんです。次はレッドカーペットを歩く一人の俳優として再訪したいと強く思いました」

-深田監督は太賀さんにその雰囲気を体感してほしいと思ったのでしょうね-

「そうだと思います。世界中の映画人がカンヌに集まって、打ち合わせをする人もいれば、昼からお酒を飲んでこの空気を楽しんだりとか…。

カンヌのメインストリートにも大きなポスターがズラッと並んでいて、そういうのを見るだけで幸せでした。

映画がこんなに愛されている、こんな世界があるんだって。もっともっと映画に携わっていきたいと思えた2泊4日の旅でした」

そして3度目となる深田監督作は2018年、映画『海を駆ける』。この映画は、全編2004年の地震による大津波で大きな被害を受けたスマトラ島で撮影。海からやってきた謎めいた男(ディーン・フジオカ)が起こす奇跡を描いたもの。太賀さんは現地で生まれ育った日系人の青年・タカシ役で出演。

-真っ黒に日焼けして現地にしっかり溶け込んでいましたね-

「そうですね。そういう風に見えるようにつとめました(笑)。1カ月くらい行きっぱなしだったんですけど、セリフは現地のスタッフやディーンさん、ほかのキャストの方々にも教えてもらいながら、みんなに作ってもらったインドネシア語です(笑)」

-印象に残っていることは?-

「あまりにも印象深い出来事が多すぎて、どれも鮮明に覚えています。海外での合作は色々大変だって聞くんですけど、そんなことは一切なくて、すばらしい現場でした。

日本人とインドネシア人、スタッフもキャストも半々くらいだったんですけれども本当に良いバランスで良い意味で共存していて、違う国の違う人種、違う宗教の人たちが一つの映画を作るという、その行為自体がとても美しいし、それができるのが映画なんだろうなって思いました」

©テレビ朝日

◆コメディーの奇才・福田雄一監督初のラブストーリーで筋トレ

2018年は『勇者ヨシヒコ』シリーズや映画『銀魂』などコメディー作品に定評がある福田雄一監督が初めてラブストーリーに挑んだ映画『50回目のファーストキス』にも出演。

太賀さんはこれまで福田監督とは菅田将暉さんが出演した『情熱大陸』(TBS系)、ゲスト出演した『勇者ヨシヒコと導かれし七人』(テレビ東京)に続いて3度目となるが、本格的にタッグを組むのは初めてだったという。

『50回目のファーストキス』は天文学者になる夢を抱きながらツアーガイドとして働くプレイボーイ・大輔(山田孝之)と、交通事故によって新しい記憶が1日で消えてしまう記憶障害を負った瑠衣(長澤まさみ)の恋模様を描いたもの。太賀さんは瑠衣を献身的に支える筋トレ好きの弟・慎太郎役。

「ユニークな役でオファーをいただけてうれしかったです。しかも『50回目のファーストキス』を日本人でどうやるのか、想像もつかなくて楽しみでした」

-この作品も海外ロケで、今度はハワイ-

「そうです。僕は2週間位行っていました」

-姉想いで天然な筋肉マン、ユニークなキャラでしたね-

「そうですね。最初に(佐藤)二朗さんにアドリブでビンタされたときに何事もなかったような表情をしていたのが面白かったということで、ビンタのシーンがどんどん増えていきました(笑)。

ハリウッド映画のリメークだったので、衣装はオリジナル版のものを踏襲していたんですけど、よりピチピチの衣装になって。僕も筋肉をもっとつけなくてはいけなくなったので、ホテルに隣接していたジムで(山田)孝之さんと一緒に筋トレをやったりしていました」

-山田さんとの共演はいかがでした?-

「これまで4回ぐらい共演させていただいていますが、とても頼りになる先輩です。それでいて、俳優としての独自のポジションを築かれているので、事務所の後輩としても勉強させてもらっています。

孝之さんは誰に対してもフェアで、優しい人なんです。なので、みんなで海に行ったり、ご飯に行ったり…すごくみんな和気あいあいとして楽しい現場でした」

(C)2019「静かな雨」製作委員会 / 宮下奈都・文藝春秋

◆切ないラブストーリーにチャレンジ

-来年2月7日(金)には元乃木坂46の衛藤美彩さんとW主演を務められました映画『静かな雨』が公開されます-

「はい。ちょっと切ない役です。ヒロインのこよみさんが記憶をなくしてしまうんですけど、そういう状況というのはなかなかあることではないので。

自分の愛する人が毎日記憶を無くしてしまう。そういう人とどう接していくのかという芝居のリアリティーを構築するのが結構難しかったですね」

-『50回目のファーストキス』はお姉さんでしたが、今回は自分が好きになった人が記憶を失うことに。太賀さんが演じる行助(ゆきすけ)は献身的に尽くします-

「こういうお話なので、すごく純真なものが芝居に宿ればいいなぁと思って演じました」

-純粋ですよね。ときに爆発し、やきもちをやくこともありますが-

「やっぱり、どこまでも良い人、優しい人だけではいられない。人間の性(さが)というか。

本当はきっと、こよみさんみたいな人を前にして、どこまでも優しくしてあげたいという心の持ち主だと思うんですけれども、どうしてもそれだけでは一緒に過ごせないときもあると思うんです。しょうがないことではありますが、そういうところに何か行助という役の人間味が出ればいいかなと思いました」

-行助は左足が不自由だというハンデがあるからこそ、人に優しくなれるのでしょうね-

「その通りだと思います。僕もそういうふうに思って、ある種自分のなかで足が不自由だというコンプレックスだったり、痛みみたいなものがやっぱり根底にある男なので、そういうハンデを持っている人は、他人の痛みも繊細に感じ取るような気がして。

こよみさんが事故にあって、記憶を失う後遺症が残ってしまったけど、だからこそ、ちゃんと痛みを知っている行助が隣に寄り添ってあげられる気がします」

-シリアスからコメディーまで幅広いジャンルの作品に出演されていますが、今後はどのように?-

「やっぱりいい映画と出会いたいです。僕はまだ20代なので20代のうちにしかできないようなことをちゃんと残して、それで良い30代を迎えられたらいいなと思います」

2019年、「改名は俳優として生きていく決意の表れ」と言い、仲野太賀として新たなスタートを切った太賀さん。役柄によって全く違う姿を見せる若き“カメレオン俳優”のさらなる活躍に期待がふくらむ。(津島令子)

ヘアメイク:榎本愛子
スタイリスト:石井大

(C)2019「静かな雨」製作委員会 / 宮下奈都・文藝春秋

※映画『静かな雨』
2020年2月7日(金)より全国順次公開
配給 キグー
監督:中川龍太郎 出演:仲野太賀 衛藤美彩 三浦透子 坂東龍汰 古舘寛治 川瀬陽太 河瀬直美 萩原聖人 村上淳 でんでん
大学で生物考古学研究助手をしている行助(仲野太賀)は、たい焼き屋をひとりで営むこよみ(衛藤美彩)と出会い、少しずつ親しくなっていく。しかし、こよみが交通事故で1日経つと事故以降の記憶が消えてしまう後遺症を負い…。

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事