テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ワクワクさん、民放のバラエティが怖すぎて出演NGにしていたとTV初告白

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

©テレビ朝日

12月9日(月)放送の同番組には、NHKEテレの工作番組『つくってあそぼ』で活躍したワクワクさんが登場。「Eテレと民放の違いについていけずにバラエティー出演NGにしちゃったビクビクさん先生」として授業を行う。

◆民放バラエティーは「怖すぎる」

ワクワクさんは、1990年から2013年の23年間にわたってEテレの子ども向け工作番組『つくってあそぼ』に出演。番組終了後は数々のバラエティー番組で活躍、現在は各地で工作イベントを開催するほか、YouTuberとしても人気を集めている。

しかしワクワクさんは、2016年以降、ほとんどバラエティー番組に出演していないことを告白。実は、自らバラエティー番組への出演にNGを出していたと打ち明ける。

なぜバラエティー番組に出演しないと決めたのか…? ワクワクさんは、Eテレと民放の違いについていくことができず、バラエティーが怖くなってしまい、ワクワクさんならぬ“ビクビクさん”になっていたという真実を激白する。

◆民放Dから無茶ブリされた衝撃の“食レポ工作”

今回ワクワクさんは、進学や転職など新天地で頑張る人々のため、そして自分のようにNHKの教育番組から民放に進出する後進のタレントたちのために自身のしくじりを語る決意をしたと、その心情を吐露。

実体験をもとに、民放のバラエティー番組の現場で直面した恐怖をテレビ初告白していく。

Eテレと民放の現場では、スケジュールも台本も違えば、スタッフのタイプもトークのスピードもまったく違う…? はたして、先生が体感した“民放の闇”とは…?

さらには、実際に民放のディレクターに無茶ブリされた衝撃の“食レポ工作”も披露。味の感想を工作で伝えるよう頼まれたワクワクさんは、困った挙句、どんな工作を作り上げたのか…?

©テレビ朝日

最後は、これから新天地に向かう人々に向けてワクワクさんからメッセージ。

さらに、番組史上初の試みにも挑む。なんとワクワクさんは、自身のしくじりから得た“人生の教訓”を工作で表現することに! はたして、どんな“教訓工作”を仕上げるのか?

また、地上波放送直後、深夜0時45分からお送りする「Abemaビデオ」では、ワクワクさんの授業“完全版”をオンエア。

©テレビ朝日

さらに、大好評オリジナル企画「お笑い研究部」も展開。今回は、最近バラエティー番組での活躍も目覚ましい井口綾子・黒木ひかりの2人が次世代を担う女性タレントとしてさらに羽ばたくにはどうしたらよいか、若林正恭・吉村崇・澤部佑・アルコ&ピースらで考えていく。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
2019年12月9日(月)深夜0:15~深夜0:45、テレビ朝日

※AbemaTVの完全版は、深夜0:45から「Abemaビデオ

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事