テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

成田凌、浜辺美波に片思い…新ドラマで“見た目だけはクール”な空回り刑事に

2020年1月期の土曜ナイトドラマ『アリバイ崩し承ります』。同作は、都心から遠く離れた街で祖父から受け継いだ時計店を切り盛りする若き店主・美谷時乃(浜辺美波)が、時計修理の傍ら、一回5000円で時計や事件に関わる“アリバイ崩しを承る”本格謎解きミステリーだ。

©テレビ朝日

主人公の時乃を浜辺美波、時乃にこっそりアリバイ崩しを依頼する警察キャリア・察時美幸を安田顕が演じることはすでに発表済みだが、今回、追加キャストとして成田凌の出演が決定。クセの強めな新キャラクター・渡海雄馬(とかい・ゆうま)を演じる。

成田は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)、『わろてんか』(2017~2018年)、映画『愛がなんだ』(2019年)などに出演。さらに『カツベン!』(2020年12月13日公開予定)、『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(2020年2月21日公開予定)、『糸』(2020年4月24日)と、多数の出演作が公開を控える。そんな押しも押されぬ人気俳優である成田が、満を持してテレビ朝日のドラマに初出演する。

◆“見た目だけはクール”な空回り刑事を演じる

成田が演じるのは、那野県警察本部刑事部捜査一課の刑事・渡海雄馬。渡海は、いつもスタイリッシュなスーツでビシッと決めている“見た目だけは”クールな刑事。そして時乃(浜辺)にほのかな恋心を抱いているのか、やたらと様子をうかがいに時計店に現れる。

父親が国会議員ということで、同僚や上司からも忖度される身分の渡海。突然現れた警察キャリア・察時(安田)から偉そうに指示されることにイラっとし、察時が左遷されてきた真相を調べてなにかと反発する。さらに察時が時乃の家に下宿していることを知り、嫉妬心からか察時より先にアリバイを崩して事件を解決しようと奮闘していく。

これまで、映画『愛がなんだ』(2019年)では女性を都合のいい女扱いする男、ドラマ『人は見た目が100%』(2017年)では優しいイケメン美容師だけど、実はクズ…など、女性をもてあそぶモテ男役の印象が強い成田が、本作では一転

見た目はクールでモテるけれど片思いの相手・時乃には相手にされず、手のひらで転がされてしまう…2020年、成田が見せる新しい表情に期待だ。

◆成田凌(渡海雄馬・役)コメント

「普段ミステリーや謎解きというジャンルに接する機会がないので、今回この作品に出演することができてうれしいです、すごく。まだ1話しか台本ができていないのですが、すでに続きが楽しみです。

僕が演じる渡海雄馬は原作にはない役柄なんですが、台本を読んで、できるだけ“なんてことない人間”“何者でもない人間”として、作品のなかに存在できたらいいなと思っています。

浜辺美波さん、安田顕さん…とても素晴らしい役者さんだと思います。お二人ともいろいろな作品で、いろいろな役を演じられているので、今回初めてご一緒させていただくのがとても楽しみなんです。“どういうお芝居をされるんだろう”“今回はどうなるんだろう”って。そんなお二人と真剣にお芝居をして、その結果、見てくださる方に笑っていただけたらうれしいです。

テレビ朝日さんのドラマに出演させていただくのは初めてなんですが、2020年、まずはこの作品をたくさんの人に見ていただき、『大好きだ』と言ってもらえるように頑張ります」

※番組情報:土曜ナイトドラマ『アリバイ崩し承ります
2020年2月1日(土)スタート、毎週土曜よる11:15~放送、テレビ朝日系24局(※一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事