テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

浜田雅功、霜降り明星・せいやに呆れる!“小学生が全員正解した問題”に不正解で「何やってんの!?」

昭和世代が平成生まれの若者たちに“知っていて当たり前の常識”をクイズにして出題していく新機軸の世代間クイズバラエティ番組『そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?』が、11月19日(火)に放送される。

◆霜降り明星・せいや「今日は難しいですよ!」と白旗

©ABCテレビ

1問目の「ラッコはどうやって寝ている?」という問題では、番組リサーチによる昭和世代の“考えた事ある率”は15%と低め。海で睡眠をとるラッコが、海流に流されずに睡眠できるのはなぜなのか?

昭和・平成両方の解答席からもラッコが寝ている姿を見たことないとどよめきが。そんななかで、小学生、中学生から正解者が続出。8名が正解するというまさかの展開に。

2問目は「クジラは何のために潮を吹く?」。考えたことある率は64%にグンと上がるが、それでも11人が不正解となってしまう。

不正解の霜降り明星・せいやは「今日は難しいですよ!」と白旗をあげるが、この問題で小学生は全員正解浜田は「何やってんの!?」とあきれるばかりだ

◆Travis Japan吉澤の回答に「惜しい!」

©ABCテレビ

“そのモノ”がそもそも何からできているのかを答える問題の1問目は、「『ガラス』って何で出来ている?」。昭和生まれの考えた事ある率は21%と、なかなかの難問だ。

少し思案してから「これはわかんないっすよ~」と素直に声を上げたのは大友康平。しかし、小学生、中学生が奮闘し、15名の正解者が出る。

Travis Japan・宮近海斗も正解し安堵の表情を見せるが、Travis Japan・吉澤閑也は「アメ」と答え不正解に。だが、この吉澤の解答に勝俣州和は「考え方は合ってるんです、惜しい!」と声をあげる。

昭和世代、平成世代の全員が解答者となり100万円を目指す新コーナーでは、「ドライクリーニングって何?」という問題が出題。

考えたことある率は13%と難問だが、36人中5人正解で100万円獲得のクリアラインに。浜田は「もしかしたら昭和世代だけで100万円獲得できる可能性も十分ありますよ!」と期待を寄せる。

※番組情報:『そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?
2019年11月19日(火)午後9:00~午後9:54、ABCテレビ・テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事