テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

加藤綾菜、夫・加藤茶との9年を語る。微笑ましい初キス、大病に倒れた彼の言葉…

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

©テレビ朝日

11月18日(月)放送の同番組には、2011年、23歳のときにお笑い界の大御所・加藤茶と“45歳差婚”をして世間の注目を集めた加藤綾菜が登場する。

現在31歳、結婚9年目を迎えた彼女。

結婚当時は「財産目当てに違いない」や「加トちゃん絶対だまされてる」、さらには「保険金をかけて殺す気だ」などと強烈な言葉で世間から大バッシングを受けた。

しかし今回は、「財産狙いにしては、(9年という期間は)効率が悪いと思いません?」と当時のバッシングをジョークにしながら『しくじり先生』での授業を開始する。

◆まるで高校生のような青春&恋愛

今回の授業の中で加藤綾菜は、世間からまったく結婚を認めてもらえず、さらには“財産目当て”と怪しまれてしまった理由を自ら分析。

日本中に“ヤバイ妻”と思わせてしまった3つのしくじりを語るが、その過程で夫・加藤茶との出会いから結婚、そして結婚後に起きた大事件を丁寧に振り返っていく。

大学時代に綾菜がアルバイトしていた都内の高級割烹料理店に茶が常連客として来ていたことが出会いのきっかけだったという2人。

連絡先を交換してからすぐに意気投合し食事をすることになったが、初めての食事から半年間ずっと、いつもデートに同行してくる2人の大物芸能人がいたという。

©テレビ朝日

その2人の名前に教室が大いに沸くなか、そこから綾菜が語ったのは、まるで高校生の青春のような恋愛模様だ。

茶の誕生日祝いのため、初めて2人でデートをしたときの話。初めてキスをした2人に起きた、微笑ましいサプライズの話。

2人がしっかりと“恋愛”をし、お互いが好きになって結婚したことが分かるエピソードの数々。そして、綾菜の夫・茶に対するちょっとした“毒舌”に、教室は笑いに包まれた温かい空気になる。

さらに綾菜は、志村けんと初めた会ったときの思い出も語る。綾菜が驚いた、加藤茶と志村けんの“会話のスゴさ”とは?

◆壮絶な闘病生活。そのとき加藤茶が吐いた“弱音”

結婚4年目、加藤夫婦に事件が起きた。夫・茶が大病で倒れたのだ。

綾菜は今回、「完治は難しい」と言われた壮絶な闘病生活、そして、タイミング的にもまさに“奇跡的”だったという回復までの3カ月間を振り返る。

体重が57kgから38kgに減り、ほとんど骨と皮だけになってしまった茶。そのとき茶は、綾菜にある“弱音”を吐いた。その言葉は、綾菜の将来のことを第一に考えたものだったという。

綾菜が「彼を絶対に死なせちゃいけない。元気にさせよう」と決心したと振り返るその“弱音”の内容を聞き、教室の生徒は思わず涙腺を緩める。

©テレビ朝日

そこからのリハビリ生活。

ある日綾菜は、なんとか茶を励まそうと1本の動画を見せたそうだ。意識がほとんどなかった茶だったが、彼はそれを見て思わず笑った…。その動画とは、いったい?

授業の終盤には、夫婦が幸せでいるための教訓を語った加藤綾菜。最後に登場する、彼女の、そして夫婦の変化を示す“2ショット写真”に注目だ。

©テレビ朝日

また、地上波放送直後、深夜0時45分からの「Abemaビデオ」では、加藤綾菜による授業の“完全版”をオンエア。

さらに、大好評オリジナル企画「お笑い研究部」も展開。「平場でのキャラの活かし方を考える!!」の第3弾が配信される。今回登場するのは、「キングオブコント2019」で披露した腹話術人形“ふくちゃん”ネタが大人気のゾフィーだ。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
2019年11月18日(月)深夜0:15~深夜0:45、テレビ朝日

※AbemaTVの完全版は、深夜0:45から「Abemaビデオ

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事