テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

麒麟・川島明、“しくじり”だらけな『キン肉マン』から人生の教訓を解き明かす!

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

©テレビ朝日

11月11日(月)放送の同番組には、麒麟・川島明が登壇。大の漫画好きだという川島が、大ヒットコミック『キン肉マン』から人生の役に立つ教訓を学ぶ授業を繰り広げる。

◆『キン肉マン』は日本漫画史上最高のしくじり作品だった!?

今回取り上げる『キン肉マン』は、ゆでたまご氏(原作担当・嶋田隆司氏、作画担当・中井義則氏)によるプロレス系格闘漫画。主人公は“キン肉星”の王子・キン肉マンで、人間を超越した存在である“超人”たちが数多の戦いを経て成長を遂げていくストーリーだ。

1979年~87年にわたって『週刊少年ジャンプ』で連載され大ヒット。その人気はすさまじく、1983年にはアニメ化され、キン肉マン消しゴム=“キンケシ”も当時社会現象を巻き起こした。

2011年からは、新シリーズの連載がスタート。現在も『週プレNEWS』で連載を続けており、単行本はじつに全68巻刊行。今年は、『キン肉マン』誕生40周年にあたる。

しかし川島によると、この人気長寿漫画『キン肉マン』はファンの間で“日本漫画史上最高のしくじり作品”と位置付けられており、子どものころには気づかなかったしくじりが満載だという。

◆連載中にキャラ激変!? 設定が破綻!?

川島は、「そのしくじりの中にこそ、人生に役に立つ教訓が隠されている」と主張。

川島が考える『キン肉マン』の代表的な3つのしくじり――(1)描き間違いが異常に多い、(2)キャラクターのデザインを平気で変える、(3)設定が破綻している――を、それぞれ例をあげて解説していく。

©テレビ朝日

名前や見た目が初登場時から明らかに変化しているキャラクターたちの実例を見た生徒たちは驚き! いったい連載の中で何が起きていたのか…衝撃の事実が明らかになっていく。

また、『キン肉マン』では読者から募集した超人キャラを多数採用しており、人気芸人たちが考案したものも登場しているとか。いったい誰が、どんなキャラクターを考えたのか?

さらに今回は、“生徒”たちにもアイデアを出してもらうことに!

最後は、川島が独自の視点から、作品の根底に潜んでいる作者の思いを分析。番組ではゆでたまご先生にもインタビューを行うが…。原作者はいったい、『キン肉マン』のしくじりをどうとらえているのか?

©テレビ朝日

また、地上波放送直後、深夜0時45分からお送りする「Abemaビデオ」では、川島による授業の“完全版”をオンエア。

さらに、前回に続き、「お笑い研究部」の新企画「平場でのキャラの活かし方を考える!!」もお届け! 今回は、野沢雅子のモノマネで人気のコンビ・アイデンティティが“食レポ”に挑む後編をお送りする。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
2019年11月11日(月)深夜0:15~深夜0:45、テレビ朝日

※AbemaTVの完全版は、深夜0:45から「Abemaビデオ

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事