テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「諦めかけた時には…」“全裸監督”村西とおるの勇気が出るメッセージに絶賛の嵐!

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

「テレビ朝日×アベマTV秋のリレーーーー→WEEK」のトップバッターとして放送される10月21日(月)の同番組には、オードリー・春日俊彰が初登場!

©テレビ朝日

相方・若林正恭が“しくじり学園”の担任として教室に居るなか、ある“異人”の伝説を語り尽くす。

◆春日、“村西とおる監督”を語る!

©テレビ朝日

今回春日は、自らのしくじりではなく、ある“偉人”ならぬ“異人”のしくじりを紹介するために番組にやって来た。

その異人とは、Netflixオリジナルドラマ『全裸監督』のモデルとして現在あらためて脚光を浴びている村西とおる監督。

番組では今回、スタッフが村西監督本人に取材を敢行。そこで話された内容をもとに、村西監督をリスペクトする春日が彼の人生を語っていく。

◆「勇気が出る!」村西監督のメッセージ

現在71歳。これまで3000本以上のAV作品を手がけ、業界にさまざまな革命をもたらした“帝王”といわれている村西とおる監督。

そんな村西監督の“しくじり”は規格外だ。「前科7犯」「借金50億円」「懲役370年求刑」など、番組史上でも類を見ない破格のスケールの事実が並ぶ。

何故それほどまでにしくじってしまったのかと言えば、本人いわく、「誰もやっていないことをやりたい性格」だからなのだそう。

©テレビ朝日

その性格が故に、まさに“前代未聞”のしくじりを数々しでかした村西監督なのだが、春日はその歩みを振り返りながら、

■実は何をやらせてもやり手な村西監督
■ある警察官の言葉に心を動かされた「エロいい話」
■さまざまな革命的演出が生まれた“優しい”背景
■大ヒット作に実は込められ、世間の価値観を変えた“誰もやったことのないテーマ”

などについて丁寧に説明していく。

そして最後には、モノづくりに励むすべての人々に向け放たれた、村西監督の渾身のメッセージも紹介。

諦めかけた時、村西監督が“これを見ろ!”と言ったものとは?――その内容を聞き、教室は「かっこいい!」「これはすごい!」「勇気が出る!」と絶賛の嵐に…!

©テレビ朝日

また、地上波放送直後、深夜0時45分からお送りする「Abemaビデオ」では、春日による「村西とおる監督」の授業完全版をオンエアする。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!』春日俊彰先生
2019年10月21日(月)深夜0:15~深夜0:45、テレビ朝日

※AbemaTVの完全版は、深夜0:45から「Abemaビデオ

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事