テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

なすび、20年ぶりバラエティ!キスマイと懸賞応募で「ハガキ書こうとすると手が…」

10万円で人はどれだけのことができるのか? その可能性をサンドウィッチマンとKis-My-Ft2が調査・検証していく実験バラエティー『10万円でできるかな』(毎週火曜 深夜0:20~0:50放送 ※一部地域を除く)。

©テレビ朝日

7月に放送された同番組のゴールデンSP第1弾では、サンドウィッチマン&キスマイ&綾野剛がそれぞれ10万円分の宝くじを購入。キスマイの二階堂高嗣が番組史上最高額となる116万4100円の高額当せんを果たし、世間を騒がせた。

そんな『10万円でできるかな』の2度目となるゴールデンSP が11月12日(月)に放送される。

サンドウィッチマン&キスマイ、そしてSPゲストのなすびが懸賞に挑戦し、当選した賞品の合計金額の高さを競って、再び奇跡を目指す。

◆計1万通の懸賞応募で驚きの大量当選

今回は10人で7ジャンル、計1万通の懸賞に応募。応募者名は、番組の企画と分からないようサンドウィッチマン&キスマイが「万田一郎」「二郎」…「九郎」、そしてゲストは「那須十郎」で挑戦。

そして、ウナギや果実などの高級食材、当選者1名のレア賞品、最新家電、さらには金券など、オイシイ賞品を大量に当てるという快挙を果たすことに!

キスマイからも「僕は今回初めて懸賞に挑戦させていただきましたけど、実際に自分でやると、さらにドキドキしました」(藤ヶ谷太輔)、「もう1回懸賞に挑戦したいなっていう気持ちになりました」(玉森裕太)、「これからも懸賞を続けていきたいです」(二階堂)といったコメントが飛び出したほど、懸賞にハマるメンバーが続出する“熱い戦い”を繰り広げる。

富澤たけし(サンドウィッチマン)が「なかなかエライことになっています! 『えっ!? そんなことある!?』っていうようなことが起きたので、皆さん、ぜひ見た方がいいですよ」と呼びかければ、北山宏光(キスマイ)も「“めっちゃ持ってる人”がいたんです。もう、まさかの結果でしたね!」と目を丸くする今回のゴールデンSP。

その驚愕の展開はもちろん、当選を狙うための(秘)テクニックも必見! 懸賞好きだけでなく、“興味はあるけど、まだ手を出していない”という方も注目だ。

◆懸賞レジェンド・なすびの登場にレギュラー陣、大興奮

さらに今回、『進ぬ!電波少年』(1998~2002年放送)の人気企画「電波少年的懸賞生活」で、1998年より1年3カ月にわたって懸賞に応募し続けてきた芸人・なすびがSPゲストとして登場。

「懸賞生活」を見ていたというレギュラー陣は、20年ぶりにバラエティー番組に登場した“懸賞レジェンド”に大興奮! 宮田俊哉(キスマイ)も「なすびさんが服を着ている姿を初めて見ました!」と、文字通りレアな登場に大喜び。

しかし、満を持して登場したなすびには、服を着ている以外にも、何やら異変が…!? なんでも「『電波少年』がつらすぎて、今回の出演も最初は断った。懸賞をもう1回やるくらいならエベレストに100回登る!」と言い切るほど、トラウマになっていたと話す。

番組内でも応募ハガキを書こうとするや手が震えだすという、これまた“まさかの事態”が発生。伊達みきお(サンドウィッチマン)も「(なすびさんの)懸賞の技もいろいろあるかと思ったら、意外と何もなかったですね(笑)」と、ちょっぴり拍子抜けするほどで…!?

果たして、なすびはトラウマを乗り越え、懸賞レジェンドの名にふさわしい成績を残すことができるのか?

※番組情報:『帰れマンデー見っけ隊!!&10万円でできるかな 合体3時間SP』
2018年11月12日(月)午後7:00~午後9:48放送、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事