テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

三國連太郎がノーギャラ出演!娘の機嫌直すため主婦が映画作り、世界的評価受ける

あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした人「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』

©テレビ朝日

10月29日(月)に放送される同番組のゴールデンスペシャルでは、ゲストに水野美紀と関根勤、木村佳乃とカズレーザー(メイプル超合金)を迎えて、「あらゆる困難を、全てとんちで解決して誰もが知る企業の創業者になった人」「普通の主婦だったのに、ごねた娘の機嫌を直すため映画作りをはじめその結果、世界的な評価を受けたマダム」を紹介する。

◆あの有名家具インテリア専門チェーンの成功秘話

©テレビ朝日

「お、ねだん以上。」で知られる、あの有名家具インテリア用品専門店をわずか一代で築き上げた、スーパーやり手経営マン・アキオさん=似鳥昭雄さん。

この会社の成功の鍵はズバリ“とんち”だった。思えば、それまでの人生の困難もすべてとんちで切り抜けてきたアキオさん。小学校のときに通信簿でオール1を取ってしまったときも、高校受験ですべての高校に落ちてしまったときも、驚くべき方法でそのピンチを脱してきた。

そのすべての行動は「誰もやらないことを考える」というアキオさんの信念に基づくもの。そしてその揺るぎない信念は、会社を創業した後も続いていくことになる。

1980年代、店舗拡大で資金がないなか、社長自らが監督・脚本・出演も務めたCMを放映。しかし、その過激な内容は波紋を呼びすぎて即刻放映禁止に…。誰もやっていないことすぎてインパクトたっぷりになってしまったそのCMの内容とは?

さらに、新店舗オープン当日に店舗がぺしゃんこに潰れてしまうという珍事も! 店はぺしゃんこ、家具はキズものになってしまった事態も、まさかのとんちで回避する。

◆経験ゼロの主婦が、三國連太郎も出演する映画を制作!?

©テレビ朝日

たまたま劇団に入れた娘が映画に出演することになったものの、想像していたよりもハードなスケジュールに娘は機嫌を損ねてしまう。その機嫌を直すべく、その場しのぎで娘にとんでもない“ウソ”をつくことになってしまった“ユミコさん”。そのウソとは、「娘が主演の映画を作ってあげる」という突拍子もないものだった。

しかしユミコさんは、映画製作の経験なんて1ミリもないどころか、芸能界ともまったく無縁なペルシャ絨毯店でアルバイトをしているごくごく普通の主婦。

そんなユミコさんが娘についた大ウソを実現するため奔走し始めるのだが、なんとあの大物俳優・三國連太郎がノーギャラで出演してくれるほどの映画を制作することになってしまう!

しかもその映画が世界的に話題となり、日本はもちろんアメリカや中東など世界各国で上映されたうえ、映画賞まで受賞。

驚異の主婦・ユミコさんの、ペルシャ絨毯が起こした奇跡とはいったいどんなものだったのか?

※番組情報:『激レアさんを連れてきた。』アイデア勝負で人生大逆転&大成功SP
2018年10月29日(月)よる8:25~よる9:48、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事