テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

Mステ新サブMC、入社1年目の並木万里菜アナに!歴代アナも集合でお披露目

この10月で放送開始から33年目に突入し、放送回数もまもなく1300回を迎える『ミュージックステーション』。

同番組でMCタモリとともに番組を進行する“新サブMC”が決定。お披露目の会見が行われた。

©テレビ朝日

新たにサブMCを務めることになるのは、テレビ朝日新人アナウンサーの並木万里菜アナウンサー。『ミュージックステーション』を象徴する“階段”から、お馴染みのテーマ曲に合わせ登場した。

◆新サブMC・並木万里菜アナ、「心臓が2~3秒止まった気がしました」

今回、会見会場となった『ミュージックステーション』スタジオには、これまでタモリとともに進行役を務めてきた下平さやかアナ、武内絵美アナ、堂真理子アナ、竹内由恵アナ、そして9月に同番組を卒業したばかりの弘中綾香アナも登場。

©テレビ朝日

先輩アナウンサーたちはMステカラーのブルーで衣装を揃えるなか、「これからMステ色に染まっていく」という意味を込めて真っ白なワンピース姿で登場した並木アナ。

緊張した面持ちで報道陣に向かって自己紹介をした後、司会の小木逸平アナからサブMCに決まったときの感想を聞かれると、「頭の中が真っ白になって、心臓が2~3秒止まった気がしました」と話し、さっそく笑いを誘っていた。

また、歴戦の先輩アナたちからはさまざまなアドバイスが。

下平アナからは「誇りを持って」、武内アナからは「特徴的な声を生かしたアナウンスを」、堂アナからは「音楽を楽しんで」、竹内アナからは「担当になって嬉しいというキラキラした気持ちを忘れずに」、そして前任の弘中アナからは「心が折れそうになっても開き直って!」と力強い言葉がおくられていた。

©テレビ朝日

そして、ともに進行を務めるタモリについては、歴代女性アナウンサーたちは「本当に優しい方」と口を揃える。

入社間もない時期に『ミュージックステーション』の担当になり、緊張でガチガチになっていたという堂アナは「生放送で緊張しない人なんていないよ。緊張するのが当たり前なんだよ」というタモリの言葉でふっと肩の力が抜けたと明かしていた。

一方、これからタモリとともに進行を務めていくことになる並木アナは、「先日初めて生でお会いして、仙人のようだなと感じました」とタモリの第一印象を告白。仙人のようだと感じたタモリと、どんなコンビになっていくのか、注目だ。

並木アナは、本日10月19日(金)に放送される2時間スペシャルで初登場する。

◆並木万里菜アナウンサー コメント

――新MCに決まったときの感想、意気込み

「最初に部長から聞いたのですが、頭の中が真っ白になって、心臓が2~3秒止まった気がしました。それぐらい衝撃的でした。本当におそれ多いことだと思って部長とお話していたら、『これは大変、光栄なことだよ、頑張れ』と背中を押してくださいました。その言葉で、頑張ってやっていこうと思いました。

母と父に連絡をしたところ、『嘘でしょ!? 信じられない』という言葉が返ってきました。私の母は松田聖子さんの大ファンなのですが、『聖子ちゃんに会ったらサインもらってきて!』とミーハー心を出してきました(笑)。

まだ入社して半年ということで、私のことを知らない方々がほとんどだと思いますが、自分にできることを精一杯やって、謙虚にまっすぐに、“生の音楽の楽しさ”をお伝えできればと思っています。まずは、明日の本番を無事に終えられることを願って頑張ります」

――先輩方からアドバイスを受けて

「ひとつひとつの言葉に重みしかなくて…。アーティストの方への敬意、タモリさんへの敬意を胸に、この番組に関わってくださるすべての方に感謝して、明日の放送を迎えたいと心の底から思いました」

――フリップトーク『私がこの中で一番○○だ!』

「私の一番は“知らない”ということです。これについては一番だと自負しております。右も左もわからず、まだ生放送を一度も迎えておりません。2回ほど『ミュージックステーション』を見学させていただきましたが、そのときに“こんな時間をかけてリハーサルをするんだ”とか、“VTRの最中にセットがガラッと変わってまるで違う場所に立っているようだ”とか、本当に知らないことがたくさんありました。

これから担当させていただいていく中で、知らないことをひとつひとつ経験して成長していきたいなという意味を込めてこれにしました」

――タモリさんの印象は?

「視聴者として見ているときは、“いつもテレビで見ているタモリさん”という遠い存在で、“やさしそうなおじちゃん”という印象でしたが、先日初めて生でお会いして、仙人のようだなと感じました。黄色っぽい、温かいオーラが出ていました。それくらい遠い存在だったタモリさんと一緒にお仕事させていただくのは本当に光栄なことだと感じています。“何でも教えていただこう”という気持ちで1回1回の放送に臨みたいです」

――Mステを担当するにあたって準備していることは?

「先輩方の初回の放送を拝見しましたが、先輩方、皆さん緊張されていてそんな姿を見るのは初めてでした。そして確かに下平さんはいちばんどっしり足を開いていました(笑)。弘中さんの初回を拝見したら、そのときNMB48さんとE-girlsさんが初登場だったんです。今、活躍されている方にも初めての『ミュージックステーション』があるんだなと思い、親近感を抱きました。明日はそんなE-girlsさんにも登場していただくので運命を感じています」

――最後のご挨拶

「タモリさんから『向上心はいらない、反省もしなくていい』という深い言葉をいただきました。その言葉の意味が今はまだわからないのですが、これから経験を重ねていく中で、ちょっとでもその意味を汲み取ることができるように頑張っていきたいと思います」

※番組情報:『ミュージックステーション』2時間SP
2018年10月19日(金)夜8時~9時48分、テレビ朝日24局ネット

【出演予定アーティスト】(50音順) 
嵐『君のうた』
E-girls『Perfect World』
King & Prince『Memorial』
ジェジュン『Defiance』
Superfly 『Gifts』
HYDE『FAKE DIVINE』
BUMP OF CHICKEN『話がしたいよ』
MONKEY MAJIK×サンドウィッチマン『ウマーベラス』

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事