テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

小手伸也、『ハゲタカ』最終回に出演!綾野剛も感謝した小手の“ナレーション”

綾野剛が企業買収のスペシャリスト・鷲津政彦に扮し、「ハゲタカ」とバッシングを受けながらも日本の名門企業を次々と買収・再生していく様を描く木曜ドラマ『ハゲタカ』。

9月6日(木)に放送される最終回に、今作でナレーションを務めてきた小手伸也が出演する。

©テレビ朝日

その渋い声でのナレーションで毎話ドラマを盛り上げてきた小手伸也。俳優として活動する傍ら、作家や演出家、声優など幅広く活躍する小手は、2018年4月クールに放送された『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)でも注目を集めた。

そんな小手が最終回、ついに“俳優”として登場

綾野剛演じる鷲津と20年間に渡り闘ってきた飯島亮介(小林薫)が会長を務める「日本ルネッサンス機構」の社員として登場する小手は、クライマックスシーンで緊迫のバトルを繰り広げる。

©テレビ朝日

※小手伸也 コメント

「今回ナレーションが決まってから初めて台本を受け取りに伺った際、スタジオで綾野剛さんに偶然お会いできまして、『いやー小手さんのナレーション嬉しいです!むしろ出てもらいたかったです!』と至極光栄なお言葉を頂き、正直その瞬間から“出たい!”と思っていたんです(笑)。なので念願叶って感無量でした!

実は僕の登場シーンが、小林薫さんのクランクアップの日で、最後の相手が僕なんかでスミマセンと恐縮してしまったのですが、小林さんも含め、現場の持つ雰囲気がアットホームさと力強さを併せ持つ心地よい緊張感があって、なるほどこれぞ『ハゲタカ』だと非常に納得しました。

小林さんはそのとき、『自分の役者人生の中でも記憶に残る仕事が出来た』と仰っていたんです。出演者として現場にいなければ聞けなかった言葉です。改めて自分がこの作品に関われてたことの幸運を思いました。

僕の今作での本業はあくまで“ナレーション”ですが(笑)、僕の登場シーン自体は物語上大きなクライマックスの一つではありますので、僕が出てるどうこうではなく純粋に物語の結末に括目して頂きたいです!」

※番組情報:木曜ドラマ『ハゲタカ』最終回拡大スペシャル
2018年9月6日(木)午後9:00~午後10:09、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1