テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

まゆゆ、ソロ6作目がドラマ『サヨナラ、えなりくん』の主題歌に決定!

“まゆゆ”こと渡辺麻友がこれまでの清純派アイドルのイメージと異なる“恋多き女”を演じ、えなりかずきもまた、自身とは正反対の印象の“悪キャラ”として登場する異色の純愛コメディードラマ『サヨナラ、えなりくん』

4月30日(日)にスタートする同ドラマの主題歌が、渡辺麻友のソロ6枚目のシングル『守ってあげたくなる』(発売未定)に決定した。

©テレビ朝日

本作で渡辺が演じる主人公の桐山さおりは、過去にさまざまな恋愛遍歴があったものの現在は“純愛”を求めて奔走する25歳。理想の相手を探して婚活にはげむも、出会うのは浮気男だったりマザコン男だったりドケチ男だったりと驚くべきウラの顔を持つメンズばかり。そんな彼らにひどい仕打ちを受けた瞬間、その表情を一変させ特殊な能力を発揮するという、これまで渡辺が演じたことのないタイプのキャラクターに挑む。

さらに本作には、タイトルにもその名が刻まれ物語のカギを握る重要な存在として、えなりかずきが登場。誰もが“いい人”の印象を抱く好青年・えなりが、これまで見たことのない悪キャラ=“えなりくん”を演じる。

そんな“黒い”渡辺麻友と“悪い”えなりかずきという、これまでにない設定で話題を集めている同ドラマを盛り上げるのが、渡辺麻友の新曲『守ってあげたくなる』だ。

同曲は、不器用で子どもっぽい彼にちょっぴりあきれながらも支えてあげたくなってしまう…そんな切ない女心を歌い上げたミディアムバラード。「“アイドル・渡辺麻友のイメージをぶち壊したい!”という思いで、本気で勝負に挑んでいます」と果敢にさおり役に取り組んでいる渡辺が、主題歌でも新たな境地に挑戦する。

“守ってあげたい清純派アイドル”まゆゆが、“大きな愛情で恋人を包みこむオトナの女性”へと進化。これまでのキャラクターからまた一歩、大人の階段を上った渡辺が、揺れる女心をしっとりと歌い上げる。

なお渡辺は、自身6枚目となる本作について以下のようにコメントを寄せている。

「今までの私の楽曲にはなかったような大人っぽい曲で歌っていてもすごく新鮮でした。ドラマの主人公・桐山さおりは純愛を夢見てさまよう女性、歌詞のなかの女性は純粋に相手を想いそっと見守る母性溢れる人、私もそんな女性をイメージしながら聞いている皆様にも共感していただけるよう心を込めて歌わせて頂きました。楽しみにしていてください」

※番組情報 『サヨナラ、えなりくん
2017年4月30日(日)スタート!【毎週日曜】深夜0:40~1:10(※関東地区、及び一部地域で放送)

LINE はてブ Pocket +1