テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「ラストアイドル」安田愛里、今世紀最大の緊張で『遺留捜査』にゲスト出演

現場に残された遺留品に注目して事件を解決していく上川隆也主演のドラマ『遺留捜査』

©テレビ朝日

8月16日(木)に放送される同作の第5話に、アイドルオーディション番組『ラストアイドル』で勝ち抜き、「LaLuce」のメンバーとして活躍中の安田愛里がゲスト出演する。

 

◆上川隆也のアドバイスで“今世紀最大級の緊張”を乗り越える

第5話は、世界的に注目を集める衣装デザイナーが殺害された事件に、糸村(上川隆也)ら京都府警“特別捜査対策室”の面々が挑む。

安田が演じるのは、被害者のアシスタントらが足繁く通うビストロのアルバイト店員・三好真由役。糸村と神崎(栗山千明)が聞き込みにやって来るシーンで、体調を崩していた店主を気遣いながら怪訝な表情で刑事たちに対応する。

©テレビ朝日

実は安田は、2015年に『相棒13』に出演し弁護士・片山雛子の学生時代を演じた経験を持っている。ただ今回の出演オファーには、「まさか自分がこんな大きな作品に出させてもらえるなんて思ってもいなかったので…」と喜びと緊張を感じたという。

撮影当日、現場で上川隆也・栗山千明らと対面すると、「画面越しに見ていた方が実際に目の前にいらっしゃって今世紀最大級に緊張して…」とプレッシャーはマックスに!

しかし、「まだお芝居の経験が浅く、現場の雰囲気に馴染めてなかった私にいろいろとアドバイスを下さり、優しさに救われました」と語るように、上川らの温かい励ましを得て“普通の女の子”を自然体で熱演。大きなNGもなく撮影を終えることができたようだ。

「普通にアルバイトをしている女の子のまわりでいきなり事件が起こったらどういう感情になるのか…。私が感じたものがしっかりと表現できていたらな…と思います。今回台本をいただいたとき、本当に感情移入をしすぎてしまい、台本を読みながら涙が止まらなかったです」とコメントする安田。彼女の出した表現に注目だ。

※番組情報:『遺留捜査』第5話
2018年8月16日(木)午後8:00~8:54放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事