テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

窪田正孝、30歳に!誕生日お祝いされ川口春奈からの“ビンタや蹴り”に感謝

楽して生きたいヒモ男・窪田正孝VSヒモを更生させたい女・川口春奈――そんな2人の前代未聞のバトルが話題を巻き起こしている土曜ナイトドラマ『ヒモメン』

©テレビ朝日

働き方改革時代のニューヒーロー=“ヒモメン”にスポットを当てた前代未聞の社会派コメディであり、ダメダメカップルの成長を描くサクセスストーリーでもある。

そんな本作で主演を務める窪田正孝が8月6日(月)に30歳のバースデーを迎えるにあたり、共演者の川口春奈・岡田結実・佐藤仁美らが撮影現場で祝福した。

 

◆「ヒモメン、最高~!」窪田のシャウトに撮影現場も大盛り上がり

この日は、川口演じるゆり子が働く病院でのシーンの撮影が行われており、スタッフ&キャストは窪田には内緒でこっそりセレモニーを準備。

そして夕方、撮影がひと区切りついたところで「皆さん、8月6日は窪田正孝さんのお誕生日です!」というスタッフの大きな掛け声が現場に響き渡り、それを合図に特注の巨大バースデーケーキが入場した。

©テレビ朝日

“30”という大きな数字クッキーと番組ロゴがかたどられたクッキーが飾られた特製ケーキを見た窪田は、「マジで!? マジで!?(今日は)まだ29歳なんだけど」と驚きながらも、「イエ~イ!」とノリノリの万歳ポーズで喜びを表現。

その後、窪田は落ち着いたトーンで「やっと大人の仲間入りかなと思ってます。この作品で30歳を迎えられて、本当によかったです。ここから30代の道を突っ走っていきたいと思います」と真摯に挨拶したかと思うと、今度は両手と右足を宙に投げ出したハイテンション・ポーズで「ヒモメン、最高~!」とシャウトし現場を沸かせた。

 

◆川口春奈から贈られたプレゼントに歓喜

©テレビ朝日

また、撮影現場を代表して川口が原作者・鴻池剛氏の直筆による“翔ちゃんイラスト色紙”と白いボクシンググローブを窪田にプレゼント。イラスト色紙に感激する一方で、白いグローブを見た途端に窪田は大爆笑!

実は、窪田は最近、キックボクシングを始めたそうで、偶然にも『ヒモメン』共演者の川口・勝地涼と同じジムに通っているのだとか。よりによって真っ白なグローブが贈られるとは思っていなかったそうで、ひたすら大ウケしながら「うれしい、うれしい!」と喜んだ。

川口は「私も最近、キックボクシングをはじめて、それが窪田さんと同じタイミングだったんです。プレゼントはこれしか思い浮かばなかったですね!!」と窪田を祝福。そして、自身はどんな30歳を迎えたいか聞かれると、「楽しくお仕事ができていたらいいなと思っています」と笑顔で語った。

©テレビ朝日

※窪田正孝(碑文谷翔 役)コメント

「昔から早くトシを取りたいなと思っていたので、30歳は楽しみです。20代後半からひっきりなしに仕事をやらせてもらい、現場で揉まれた時間が多々ありましたが、その延長線上というか、すべてが今につながっていると思っています。作品をやればそれだけ人と出会う機会が多くなるので、この『ヒモメン』もそうですが、出会いに感謝しています。

『ヒモメン』は皆さんからのレスポンスがよく、ロケ先でも『見ています』『楽しみにしてます』という言葉をいただけるのが、ありがたいですね。キャストも仲がよく、自由人の皆さんが自由に生きている感じがいい! 2018年の夏を、“いい夏にできている感覚”がすごくあります。

春奈ちゃんにはゆり子が怒ったシーンで顔面をひっぱたいてもらったり、蹴ってもらったりしていますが、ヒモに制裁をくわえられるのはゆり子しかいないので、そこはちゃんと受けないとダメだなと思っています。え!? 言い方が“ヒモ寄り”になってる…!?(笑) とにかく、春奈ちゃんからは愛のムチを受けています(笑)」

※番組情報:土曜ナイトドラマ『ヒモメン』第3話
2018年8月11日(土)午後11:45~深夜0:35(※通常の放送より30分遅れてのスタートとなります)、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1