テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

片岡仁左衛門、「舞台出演は遅い時間で」と少年のような笑顔!その理由は?

3月27日(火)に放送される『徹子の部屋』に、歌舞伎界屈指の名立役・片岡仁左衛門が登場する。

©テレビ朝日

2015年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された仁左衛門。父の十三代目片岡仁左衛門と親子二代で人間国宝になった。

父が亡くなったのは、仁左衛門が病気で1年舞台を休業し、復帰した年の3月だった。舞台に立つ息子たちの千秋楽を待って逝った父。関西歌舞伎を盛り上げるために奔走した父は、誰からも愛された素敵な人だった。

そんな父が36年前に『徹子の部屋』に登場した貴重なVTRが紹介される。

父亡き後、十五代目片岡仁左衛門を襲名して今年で20年。「二枚目」の代名詞的存在と言われる仁左衛門の華やかな舞台の写真も披露される。

©テレビ朝日

私生活では、22歳のときに小学校の同級生だった博江さんと結婚。2年前に金婚式を迎えた。息子の孝太郎、そして孫の千之助も同じ歌舞伎俳優の道に進んで活躍中だ。

また、歌舞伎一筋で生きてきた仁左衛門だが、実は早起きが大の苦手だという。「舞台出演は出来れば遅い時間をお願いしている」と少年のように笑ってみせる。

「芝居の演目によって食事が変わる」「本当は“二枚目”より“悪役”が好き」「仲が良かった故・中村勘三郎のアリゾナの別荘での出来事」など、人間国宝・片岡仁左衛門の素顔の魅力に迫る。

※番組情報:徹子の部屋
2018年3月27日(火)正午~午後0:30、テレビ朝日系24局ネット

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事