テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

長年『渡鬼』で共演、野村真美と藤田朋子が移住先で会う!野村は静岡県三島市へ

タレントや芸人、俳優が縁もゆかりもない地方に移住、その様子に密着するリアル・ドキュメント・バラエティー番組『イチから住 ~前略、移住しました~』(テレビ朝日系)。

©テレビ朝日

同番組では現在、群馬県桐生市に移住した女優・藤田朋子の暮らしぶりを紹介しているが、3月4日(日)の放送から、女優・野村真美による静岡県三島市篇がスタートする。その移住開始に先立ち、野村が“移住の先輩”である藤田の住まいを訪問した。

 

◆藤田朋子、移住先での友人作りの極意をアドバイス

長年、国民的ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』で共演してきた藤田と野村。お互いについて、藤田は「血はつながっていないけれど、“親戚のお姉ちゃん”みたいな感覚ですね」と話し、野村も「打ち合わせがなくても空気感でなんとなくわかりあえる、そんな歳月をともに過ごしてきました!」と語る仲である。

現在、藤田は桐生市で単身生活中。人懐っこい性格も手伝って、茶の販売店での接客アルバイトも好調、日々の暮らしを楽しんでいる。

この日桐生市を訪れた野村は、「知り合って28年になるけど、藤田さんのお家にお邪魔するのは初めて」といいながら、部屋のあちこちをチェック! 心地よく暮らすために工夫を凝らした住まいを見て、「そうか…移住するってことはイチから全部揃えるわけだもんね」と納得。その後は「最初、洋服はどのくらい持ってきたの?」「アルバイトはどう?」などと質問しまくる。

移住してから近所にたくさん友人ができたという藤田は、「おすそ分けがてら、近所の方のお顔を見に行ったり、用事がなくても訪ねて行って“お友だちになりたい”という気持ちを態度で示したり…。特別に変わったことをするのではなく、普段どおりに接すれば、皆さん仲良くしてくださると思います!」と、移住先での友人作りの極意をアドバイス。

それを聞いた野村は、「私はもともと“素”しかない、嘘がつけない人間なので、普段のままでいいんだなと改めて思いました!」と安心した表情を浮かべる。

今回の訪問で移住生活のイメージを膨らませることができた野村は、「いろいろな人と出会うのも楽しみですし、そこから新たな世界が広がっていきそうな気がします」と新たな体験への期待を口にした。

 

◆“渡る世間に鬼はなし”!? 野村真美は静岡県三島市に移住

野村がこれから移住する三島市は、富士山に降った雪や雨が地下水となって市内に湧き出ることから、“水の都”とよばれている町。豊かな自然が広がる一方で都心へのアクセスもよく、移住先としても大人気だ。

誰とでもすぐに打ち解ける性格を生かし、桐生でさまざまな出会いを育んできた藤田は、まさに“渡る世間に鬼はなし(※世間には非情な人ばかりでなく、人情に厚い人もいるということわざ)”ともいえる暮らしを実践中だが、そんな藤田からエールを受け取った野村の移住生活はどんなものになるのか?

野村が藤田を訪問する様子は、2月25日(日)の放送で紹介。そして3月4日(日)から、いよいよ野村真美の静岡・三島移住篇がスタートする。

 

※番組情報:イチから住~前略、移住しました~』野村真美の静岡・三島篇スタート
2018年3月4日(日)午後6:30~6:57、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1