テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

後部座席のでんでんは死んでる⁈ 60歳の同級生達が遺体とドライブ!

11月26日(日)の午前10時から、市村正親主演のスペシャルドラマ『最後の同窓会』がテレビ朝日系で放送される。

©テレビ朝日

平成29年度文化庁芸術祭参加作品のこの『最後の同窓会』。本作の舞台となるのは、60歳の同窓会だ

60歳といえば、仕事や家庭にひと区切りがつき、人生を振り返る年齢。そんな節目の年の同窓会に集まった、小学生時代同級生だった5人の男女。しかし、「素晴らしい人生だった」と手放しで言うことができるメンバーはひとりもいなかった。

定年退職後の人生に迷った男、余命宣告を受けた男、強盗事件を起こして逃走中の男、鬼嫁に虐げられているマドンナ、ひとり娘に拒まれている男…。皆さまざまな事情を抱えており、老い先も真っ暗だったのだ

©テレビ朝日

しかし、仲間のひとりが突然死を遂げたことにより、現実を直視した彼らは決意する。亡くなった仲間と孫娘の最後の約束を果たすため、「遺体を孫娘のピアノ発表会まで送り届けよう」と。

突如スタートした“遺体とのドライブ”は、思いもよらぬハプニングの連続! 波乱の旅を続けるうち、彼らは子供の頃のワクワクした気持ちを思い返し、生きる希望をよみがえらせていく。

今回、小学校時代は皆のリーダーだったのに今は冴えない主人公・高槻功を演じるのは、大ベテラン・市村正親。ミュージカル、舞台、ドラマ、映画と多彩なフィールドで圧倒的な存在感を放ってきた名優が、本作では等身大の男性を熱演する。

また、同窓会のメンバーには片岡鶴太郎、角野卓造、でんでんら熟練俳優たちが勢揃い。そして紅一点のマドンナ役は、松坂慶子が演じる。

そして、そんな同作を紡ぎあげたのは、連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)など切なく繊細な物語を描き続け日本中に感動を届けてきた脚本家・岡田惠和氏。本作もまた、観終わった後に「人生捨てたもんじゃない!」とさわやかな思いが胸にわき上がる、味わい深い極上のヒューマンコメディーに仕上がっている。

◆あらすじ

©テレビ朝日

三流商社勤務の高槻功(市村正親)はその日、定年を迎えた。

形ばかりのセレモニーで送り出されて帰宅したところ、妻の英子(かとうかず子)は友人との旅行にいそいそと出かけて行くところだった。「つまんねぇ人生だなあ」――。思わずそうつぶやいたとき、小学校時代の同級生・坂田典夫(角野卓造)から、同窓会の誘いの電話が入る。

先日、欠席の返事を出していた功だったが、典夫から「俺たちのリーダー・功ちゃんがいないとはじまらない」などとおだてられ、顔を出すことに決めた。

しかし当日、会場の小さなスナックに到着してみると、集まったのは功のほか、幹事の典夫、お調子者の田村実(でんでん)、影の薄い米倉正一(片岡鶴太郎)、マドンナの花岡真知子(松坂慶子)のたった5人。

同窓会とは名ばかりで、幹事の坂田が当時、仲のよかった5人を集めただけの会だったのだ。ガッカリしつつも懐かしさがこみ上げ、すぐにかつての関係に戻る5人。皆、それぞれワケありだったが深くは語らず、大いに見栄を盛り込んで近況を報告し合っていく。

ところが、坂田が余命宣告を受けたことを告白したのを機に、それぞれのウソが次第に明らかになっていく。幸せな同居生活を送っていると話していた真知子も、会場に乗り込んできた息子夫婦に強引に連れ戻されてしまった。

しかも、ハプニングはそれだけで終わらなかった…。明け方、ウトウトした功たちが目覚めると、なんと実がひっそりと死んでいたのだ。暗く沈んだ気持ちになった一同は「どうせ、この先いいことなんてないんだよな…」などネガティヴな愚痴を語り合う。

そんな情けない会話を聞いてなぜか無性に腹が立った功は「こんなしょぼい終わり方で同窓会を終わってたまるか!」と一喝。実が「死んでも行く」と話していた孫娘のピアノ発表会の会場まで、実の遺体を連れて行ってあげようと、一同に提案する。

その後、功たちは自宅に連れ戻されていた真知子をなんとか奪還! こうして、実の遺体を連れた、奇妙なドライブがはじまるが…!?

※番組情報『スペシャルドラマ 最後の同窓会 』
2017年11月26日(日)午前10:00~11:50、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1