テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

あの伝説ミステリーのDNAが!独特の世界観が魅力の新ドラマ『重要参考人探偵』

玉森裕太が「なぜかいつも殺人事件の現場に居合わせ、死体の第一発見者になってしまう不幸体質の男」という役柄に挑戦している新金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』

©テレビ朝日

玉森演じる主人公・弥木圭が行く先々で殺人事件に巻き込まれ、モデル仲間の周防斎(小山慶一郎)シモン藤馬(古川雄輝)とともに事件を解決していくという本作。

本格ミステリーとして素直に楽しむのも正解だが、セリフや芝居のテンポ感にツッこんだり、笑ったりすることができ、そのテイストはまさに『TRICK』や『時効警察』の流れをくむものだ。

 

◆『時効警察』のスタッフ&キャストも参加

©テレビ朝日

実際、『時効警察』でトレンチコートが似合う、とぼけた刑事を演じた豊原功補が、本作では強面の刑事役として出演。また、『時効警察』を生み出した監督の一人、塚本連平監督がチーフ監督としてメガホンをとっている。

そんな、一世を風靡し、伝説のコメディミステリーを生み出したメンバーたちが新たな伝説に挑んでいるのがこの『重要参考人探偵』なのだ。

“キャラクタードラマとしてのマニアックさ”“本格ミステリーとしての魅力”、両方が楽しめるエンターテインメントドラマで、金曜ナイトドラマ枠ならではのコメディミステリーに仕上がっている。

 

◆笑いのなかにも“切なさ”が…

さらに、ミステリーとしての魅力が存分に詰まっている点も特筆すべき点。

©テレビ朝日

10月20日(金)に放送された第1話では、時計メーカーを舞台に嫉妬、羨望、愛憎が重なりあって事件が起きる様を見事に描き、その背景にあるサラリーマン社会の「あるある」には共感する視聴者もいたことだろう。

一方で、真犯人の抱えていた“悔しさ”もきちんと描き出され、コメディータッチでありながら“切なさ”も感じられる上に、事件解決の爽快感を体験できる作品となっていた。

©テレビ朝日

そして、10月27日(金)に放送される第2話では、ある国民的女優の相手役をかけたCMオーディションで殺人事件が発生!

案の定、その“不幸体質”で第一発見者となってしまう圭…。己の無実を証明するため調べ上げた事実から、圭が導き出した真相とは?

伝説のミステリードラマのDNAを受け継ぐ『重要参考人探偵』。第2話は、その独特なテンポ感に“ツッコみながら”楽しんでみてはいかが?

※番組情報:金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』第2話
2017年10月27日(金)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket +1