テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

三宅健、『トットちゃん!』出演で黒柳徹子に恋!「TVの底力を伝えたい」

常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた大スター・黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描いていく帯ドラマ劇場『トットちゃん!』。10月2日(月)にスタートして以来、毎回大好評を博している。

ヒロイン・徹子は音楽学校を卒業後にNHKの専属俳優に選ばれ、テレビの世界へと羽ばたいていくが、そんな徹子を時に厳しく、時に温かく見守り、ともに“テレビ一期生”として歩んでいくNHKのフロアディレクター・久松役を演じるのは、V6の三宅健!

徹子の“盟友”ともいえる重要な役柄に挑む三宅が、作品にかける思いを語った。

 

◆三宅健、徹子を叱り、徹子に恋する役どころに!

三宅健が演じる久松ディレクターは、徹子が出演するさまざまな番組でフロアディレクター(※スタジオで出演者やスタッフに指示を送る現場の司令塔的役割)を担当。ディレクターに昇進後、“NET(当時のテレビ朝日)”に転職し、『13時ショー』や『徹子の部屋』の立ち上げにも関わる人物だ。

徹子が駆け出しの頃は、エキストラなのに不要な演技をする彼女を「余計なことをしないでください」と厳しく叱責するが、徹子が主演に抜擢されてからはスターへの階段を上っていく姿を陰ながら見守っていく。そしてなんと、いつしか久松は徹子に恋心を抱き、一世一代の決意で交際を申し込む場面も…!? いったい久松の恋は、どんな展開になるのか…。

徹子のキャリアに深くかかわる久松役のオファーを受けた三宅は、「お話をいただいたときはとてもうれしかったのですが、徹子さんを叱る役回りは恐れ多いなと思いました。黒柳さんとは一緒にお食事をさせていただいたこともあるので…(笑)」とホンネを明かしている。

 

◆「テレビの底力を伝えたい!」

音楽活動のかたわら、ドラマ・映画・舞台と精力的に活動し俳優としての実績を積み上げてきた三宅は、今回の出演にあたって、「生放送が主だったテレビ草創期のお話なので、僕自身、生放送に出演させていただく時にはフロアディレクターさんの様子を見るようになりましたね。また、古株の現場スタッフさんにお話を聞いて、昔のテレビマンについてリサーチしました」と話し、積極的に役柄への造詣を深めていったことを告白。

「久松にはこの番組のスタッフをはじめ、テレビマンとしての思いが込められていると感じているので、その思いを胸に演じています! 今はインターネットの普及で映像はテレビ以外でも発信されています。だからこそ若い世代の方にテレビの歴史を知っていただけたらなと思っています。皆さんには、このドラマを通じてテレビの魅力を知ってもらいたいです」と意気込みを語っている。

三宅ふんする久松ディレクターが登場するのは、11月21日(火)放送の第37話からの予定。テレビ草創期の熱気を感じる久松と徹子の奮闘、そしてその軌跡に注目だ!

 

◆10月23日(月)放送・第16話あらすじ

©テレビ朝日

昭和19年4月…。戦況は悪化の一途をたどっており、『乃木坂上倶楽部』の住人たちにも大きな影響が押し寄せていた。伊藤華子(高岡早紀)は戦争画を描くよう強要され、夫・ダニー市川(新納慎也)を徴用されたエミー(凰稀かなめ)はひどくふさぎこんでいた。

一方、朝(松下奈緒)は『トモエ学園』校長・小林宗作(竹中直人)のもとを訪ねる。徹子(豊嶋花)を傷病兵の見舞いに行かせるべきか悩んでいたのだ…。

※番組情報:『トットちゃん!』
毎週月~金ひる12:30~12:50、テレビ朝日系24局
(再放送)毎週月~金あさ7:40~8:00、BS朝日

LINE はてブ Pocket +1