テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

研ナオコ、まさかの「ブサ顏」代表に!北島三郎らに顔をイジられた秘話明かす

さまざまなコンプレックスを抱える芸能人たちが“コンプレックスならでは”の爆笑エピソードや逸話で競い合う『明石家さんまのコンプレッくすっ杯』(ABC・テレビ朝日系)。

©ABC

9月22日(金)に放送される同番組では、「ブサ顏」「貧乏」「薄毛」「おデブ」「子供にナメられる」「田舎」などの“コンプレックス”を抱えた強烈な6チーム総勢24名を相手に、司会の明石家さんまが縦横無尽の爆笑トークを展開!まずは3チームずつで前・後半戦を行い、それぞれから勝ち残った1チームずつが決勝戦で「コンプレッくすっ杯」の最高峰の座を争う。

 

◆“ブサ顔レジェンド”に研ナオコ!

今回は同番組10回目の放送にふさわしく、各チームにはまさに “レジェンド” と称される大物芸能人も登場する。

前半戦で爆笑コンプレックスエピソードを披露する「ブサ顔」のチームには、岩尾望(フットボールアワー)を「僕なんてまだまだです!」と謙遜させてしまう“ブサ顔レジェンド”研ナオコが初参戦!

映画『ET』や新種のサルといった“人ではない何か”によく見間違えられるという研ナオコの壮絶エピソードが飛び出す。

さらに、タモリや北島三郎にまで顔のことをイジられていた秘話も明らかになる!

◆水木しげる&楳図かずおから妖怪顔認定

また、漫画家・水木しげるから「完全に妖怪の顔だ!」と評された経験を持つ、やついいちろう(エレキコミック)は、楳図かずおからも「君の顔を書いたことがある」と妖怪の絵を見せられるなど“妖怪のプロ”から妖怪顔として認定されたそうだ。

さらに、「妹は双子でどちらも美女なのに、姉妹で私だけがブサイクなんです」という尼神インター誠子は、一人暮らしを始めるにあたって心配する父親に「私はブスだから大丈夫だよ!」と安心させようとしたところ、「男はブスでも襲うんや!」と言われショックを受けた話を披露する。

この尼神インター誠子のエピソードにさんまは、「娘思いなお父さんやなあ!」と感銘を受けるのだが…。

※番組情報:『明石家さんまのコンプレッくすっ杯
2017年9月22日(金)午後7:00~午後9:48、ABC・テレビ朝日系

LINE はてブ Pocket +1