テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「またトロ?」な贅沢生活がガラリ…井上和香、家族に起きた3年間の危機明かす

支配人の今田耕司、副支配人の指原莉乃の進行のもと、ゲストたちが共通の経験や環境に基づく驚きの知られざる“あるある”話を存分に語っていくバラエティー番組『こんなところにあるあるが。土曜♥あるある晩餐会』

©テレビ朝日

9月9日(土)に放送された同番組では、「実家が病院・農家・飲食店の芸能人あるある」をテーマに、実家が自営業だった芸能人が大集合! 良かった点や苦労した点などのあるあるトークを繰り広げた。

 

◆アワビに一口ステーキ…豪華すぎる余り物

割烹料理店を営む家に生まれた井上和香は、「幼少期からお店の余り物が夕食に並ぶので、正直中トロは食べ飽きていた」という羨ましいあるあるを発表。

©テレビ朝日

井上の実家は、政治家なども足を運ぶような高級割烹料理店。“コースは1万円から”という懐石料理は豪華なメニューなのだろう。夕食には中トロや鮎の塩焼きお弁当には本わさびの添えられた一口ステーキや、アワビの天ぷらなどが並び、小学生ではなかなか味わえない品々を口にしていたという。

なかでも中トロが夕食として出る頻度が高く、その度に「またトロ?」とゲンナリしていたのだとか。そんな発言に、番組MCの指原莉乃は「『またトロ?』なんて一生言わないと思う」と驚いた様子。

◆突然の閉店危機!

しかしそんな井上も贅沢な生活ばかりをしていたわけではない。「料理長の父が倒れて入院すると、店が一気に閉店の危機に!」という“あるある”とともに、自身の経験も明かした。

井上が高校生の頃、大きな病気で入院してしまった井上の父。調理する人を失った店は、一気に閉店の危機に追い込まれてしまった…。

そこで白羽の矢が立ったのが、当時19歳だった井上の姉だった。とはいえ、料理は全くの素人。父が入院前に “たった一度だけ”作って見せた懐石料理とレシピを頼りに、「とにかくやるしかない」という気持ちで奮闘したという。

病床の父も外出届を出し、昼間は姉の仕込みを手伝う日々を送っていたのだとか。

そんな姿を見てのことか、素人の姉の料理にも関わらず常連の方々が義理で食べに来てくれ、なんとかギリギリ生活費はまかなえたそう。

家族と常連の絆によって高校を卒業できた井上は、大学進学を諦め出稼ぎに。家族で力をあわせて3年間を乗り切り、父は無事、復帰を果たしたという

そんな井上の経験を聞き、同じく代々続く鰻屋が実家の松木安太郎が「職人技というか、修行が必要な料理を出す店はそういう苦労があると思う」と共感を示す一方で、実家が喫茶店のよゐこ・濱口優は、「喫茶店はすぐですよ! パン焼き器が『チーン』て言ったら出せばいいんで」とコメントし、スタジオを笑わせた。

※番組情報 『こんなところにあるあるが。土曜♥あるある晩餐会
毎週土曜日午後9時58分~、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1