テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「これ以上できません!」山崎育三郎、新ドラマ『あい婚』で全てを出し切る

ミュージカル界のプリンス、山崎育三郎が連続ドラマ初主演を果たす金曜ナイトドラマ『あいの結婚相談所』

今週金曜スタートのこの“あい婚”は、「ビッグコミックオリジナル増刊号」で連載された加藤山羊作画・矢樹純原作の人気コミックを映像化したもので、山崎は元動物行動学の准教授で“結婚相談所”所長の藍野真伍(あいの・しんご)を演じる。

©テレビ朝日

7月24日に「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」開催中の六本木ヒルズアリーナで行われた制作発表会見で、山崎をはじめとした高梨臨、中尾暢樹、山賀琴子、前田美波里、鹿賀丈史らキャスト陣は同作の見どころを大いに語ったが、その中で山崎が挙げたのが、“結ばれました!ポーズ”

©テレビ朝日

ドラマに登場する「あいの結婚相談所」は、成婚率100%の結婚相談所。ここでカップルが成立するたびに披露されるのが、この“結ばれました!ポーズ”だ。

山崎によれば、ポーズは「1936(=イクサブロー)パターンぐらいある(笑)」とのことだが、山崎はこの日最も簡単だという“指を合わせるポーズ”を訪れた観客に伝授。

左右の人差し指と親指でリングを作り、そのリングを絡ませて「結ばれました!」という簡単なポーズとなっているが、山崎は、「中指から小指までをピンと立てること。あと『結ばれました!』の『た』にアクセントをつけてください」とポイントを指導していた。

そして山崎は、制作発表会見の最後、この“結ばれました!ポーズ”を「みなさんで流行らせてください」とお願いしたうえで、次のように挨拶した。

「この作品は今までのドラマにない、歌あり、ダンスありの新しいエンターテインメントドラマになっております。もちろん普通のドラマとしてもストーリーが楽しめる作品です。ミステリーと言っておりますが、ラブもあります、コメディーもあります。ひとつの作品にいろいろな要素が詰まっています。

僕自身、自分が今までやってきた歌、ダンス、お芝居、派手な衣装を着る、そんな自分のすべてをこの作品で出し切っております!これ以上できません!(笑) なので、みなさんにこれを見ていただいて、僕らは(タイトルを略して)『あい婚』と言っておりますが、『あい婚ワールド』をみなさんに楽しんでいただいて、今年の夏は『あい婚ブーム』が起これば、と思っております。よろしくお願いします」

※番組情報:金曜ナイトドラマ『あいの結婚相談所
7月28日(金)スタート!
毎週金曜日よる11時15分~深夜0時15分、テレビ朝日系24局(※一部地域は放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket +1