テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

EXIT兼近、“ギャラ飲み港区女子”の持論に痛烈な返し!「俺の中で引っ掛かるのが…」

9月25日(金)、昨年12月に放送され話題となったEXITの冠番組『EXI怒』の第2弾が、『EXI怒 12人の怒れるおこ女』として放送される。

同番組は、コンビ名に「すべての人のつらいこと、ストレスの出口になれれば」という思いを託しているEXITが、登場するさまざまな人たちの“怒り”に耳を傾け、その出口を見つける手伝いをして解決方法を導き出すトークバラエティー。

今回は、アイドルからキャバクラ嬢、ダンサーまで、多様な女性たちの怒りにEXITの2人が向き合う。

◆兼近、“ギャラ飲み”港区女子に鋭い質問

今回登場した怒れる女性たちの1人が、一見清楚系に見える24歳の美女、森田由乃さん。彼女はじつは、ある話題が報じられ週刊誌で世間を騒がせたこともある“港区女子”だ。

そんな彼女が怒っている内容は、「“ギャラ飲み”で女性を食い物にする女に怒ってます!」というもの

“ギャラ飲み”とは、男性が女性にお金を払い飲み会に参加してもらうことを指し、森田さんも主に港区でこのギャラ飲みを繰り返してきた。

森田さんいわくギャラ飲みには、アプリを介して女性が召集されるシステムと、斡旋する人物の紹介によって飲み会が成立するシステムとがあるというが、彼女が怒っているのは後者の“斡旋”に関わっている女性に対してだ。

女性が(ギャラ飲みに参加する)女性を紹介する、というのは珍しくないようだが、森田さんはある女性から酷い扱いをされてしまったという……。女性が女性に“食い物”にされる、ギャラ飲み界の驚きの内情とは?

そんな酷い目にあっている森田さんだが、ギャラ飲みは参加する女性にとって「使い方によってはメリットが大きい」と力説。しかし、彼女の持論に対して兼近大樹は「俺の中で引っ掛かるのが…」と、ひとつ素朴な質問を投げかける

相手を否定はせずとも、客観的視点によって話の中のおかしいポイントを一撃で突く兼近の“痛烈な”一言に注目だ。

◆EXITが届ける、包み込むようなアドバイス

また、今年7月に発売したエッセイがAmazon人気度ランキングで1位を獲得するなど何かと話題のキャバクラ嬢・黒崎みささんも怒れる女性として登場。

「お人形さんみたい!」と注目を集める彼女だが、じつは大の美容整形好き。17歳から施術を始め、これまでに美容整形に使った総額は1000万円以上だという。

そんな黒崎さんが抱える怒りは、「美容整形を見下してる人に怒っています!」というもの。

美容整形をしていることで同業者からも多くの嫌がらせを受けてきたという彼女だが、その切実な怒りと主張に対して、自身もヒアルロン酸を注入するなど“施術”をしているりんたろー。はどんな言葉を投げかけるのか?

さらに番組では、ギャルモデルや地下アイドル、そしてSNSで大人気の美女ダンサーらが溜めこんだ怒りを放出!

さまざまな怒りに対しEXITは、本人も気づいていない魅力や努力をあぶり出しながら相手のことを肯定し、包み込むようなアドバイスを届けていく。

※番組情報:『EXI怒 12人の怒れるおこ女』
2020年9月25日(金)深夜11:15~0:15放送、テレビ朝日系(一部地域のぞく)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事