テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『刑事7人』、新シリーズでは“最強の敵”登場!スペシャリスト7人はどう挑む?

東山紀之が演じる刑事・天樹悠を中心に、個性的なスペシャリストたち7人が難解な刑事事件に挑む姿を描いたドラマ『刑事7人』(テレビ朝日系)の第3シリーズ放送が決定した。

©刑事7人

今回は、目まぐるしい進化を日々遂げる「東京臨海エリア」を舞台に、7人のスペシャリストたちが超凶悪犯罪に挑む。闇でうごめく“最強の敵”の出現や、事故だと思われていた天樹の妻子の死の真相も明らかになる。

「機動捜査隊」に所属する主人公・天樹悠(東山紀之)を中心に、個性あふれる刑事たちと法医学の権威が「別動捜査隊」を結成し、各々の得意分野を生かしながら凶悪犯罪を解決に導いていく同作。2015年に第1シリーズ、2016年には第2シリーズが放送され、7月期の水曜よる9時枠をハードに飾ってきた。

この夏始まる待望の第3シリーズでは、おなじみのメンバー7人が再集結し、さらにハードかつスケールアップした物語を展開する。

第2シリーズのラストで「お前らにはまだ、やってもらわなければならない“でかい仕事”が残っている」と謎の言葉を漏らし、「別動捜査隊」を解体した「刑事総務課」課長・片桐正敏(吉田鋼太郎)。

最新シリーズでは彼が自ら室長となり、犯罪が激増する東京臨海エリアを専従捜査する“最強の別動隊”=「第11方面本部準備室」を発足することに。

「警視庁捜査一課12係」時代の部下だった天樹、12係に今も所属する沙村康介(髙嶋政宏)・水田環(倉科カナ)・青山新(塚本高史)、「未来犯罪予測センター」の山下巧(片岡愛之助)、法医学教室教授・堂本俊太郎(北大路欣也)を再び招集し、“シリーズ最強の敵”との熾烈な戦いに身を投じる。

さらに今作では、天樹の亡き妻の父であり司法解剖も担当した堂本俊太郎が、12年ひた隠しにしてきた天樹の妻・清の“遺体の秘密”を天樹に打ち明けることから、物語は大きく動きだす。

「捜査の領域には決して踏み込まない」という強い矜持を持つ堂本だが、娘の死の真相が明らかになっていくにつれ、自らも捜査の領域に足を踏み入れていく…。

衝撃の真相が暴かれ、その真相を天樹と堂本はどう受け止め、どんな行動に出るのか? 注目だ。

 

◆「大人の人間ドラマを、じっくりと堪能していただけると思う」

そんなシリーズ待望の新作について、三輪祐見子プロデューサーは見どころを以下のように語っている。

(以下コメント)
「この夏も帰ってまいりました『刑事7人』。今年も東山さん演じる天樹刑事を筆頭に、スペシャリストたちが凶悪事件に挑んでゆきます。今回このチームが専従するのは、毎日ニュースでその名前を聞かない日はない今とても熱い街、臨海地域です。輝かしい日本の未来を担うこの街を、昼夜を徹して守ろうと奮闘する姿をお届けします。

加えて、今シリーズでは、主人公、天樹刑事の家族を亡くした事件の真相が明かされます。過去の事件と向き合った時、果たして天樹刑事は人としてどうその事実と向き合い、刑事としてどう乗り越えてゆくのか。今回は事件捜査に加えて、大人の人間ドラマを、じっくりと堪能していただけると思います。

そして最後に……スペシャリスト7人はこのまま存続してゆけるのか。波乱含みの展開を用意しております!ハードなアクションも取り入れて、より一層パワフルに進化した『刑事7人』を是非ご期待ください」

※番組情報 『刑事7人
2017年7月スタート! 毎週水曜日 午後9:00~放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1