テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

アンジャ渡部が思わず「これいいの?」と感心。世界ラリーの驚くべきルールとは?

1月19日(木)に開幕し、初戦のラリー・モンテカルロで18年ぶりの復帰参戦となったトヨタ(TOYOTA GAZOO Racing)のドライバーが2位表彰台を獲得するという快挙を成し遂げ、日本でも着々と注目度が上がるFIA世界ラリー選手権(WRC)。

今後、世界各地で13戦までが行われるが、そんな世界ラリーを応援する番組『地球の走り方 ~世界ラリー応援宣言~』が2月8日(水)よりテレビ朝日でスタートした。

同番組のレギュラー出演者は、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の2人と、モータースポーツ関係者の父を持ち、本人も世界ラリーの現場に携わった経験を持つ桂田アマンダ純。

アンジャッシュの渡部は、ラリー初心者のMCとして視聴者と同じ目線で毎回登場するゲストとともに番組を進行し、児嶋はそんな渡部に対して自称“全知全能のスーパーナビゲーションシステム・KOJIMA”という設定で声のみの出演をする。

番組第1回目のゲストには、人気急上昇中の俳優・大谷亮平とモデルでタレントの河北麻友子が登場したが、前出のラリー・モンテカルロの映像を見ている最中、ある場面に一同が驚き感動する一幕があった。

 

◆思わず「いいの?」と聞いちゃう驚きのルール

その場面は、ラリー・モンテカルロ(全4日間)の2日目に見られたワンシーン。

マイナス12℃のなか行われたこの日のラリーでは、4連覇中の絶対王者セバスチャン・オジェ(Mスポーツ フォード)の乗る車がコーナーで雪にハマってしまうというハプニングがあった。

この映像を受け、出演者たちには「(オジェは)このあと、どうやって抜け出した?」というクイズが出題され、ゲストの河北は「この調子だと抜け出せなそうなので、降りて押し出した!」と回答。

この回答は惜しいながらも不正解で、正解は、「観客に押して戻してもらった」というもの。

 

実は世界ラリーでは、コースアウトした車を観客たちが押して戻すというのはよく見られる光景。ルールでも認められている。

(注:映像を見ていただくとわかるが、黄色の服を着た「コースマーシャル」と呼ばれるコースの安全を管理するスタッフが、コースに入ろうとする観客を制止し、ドライバーの手招きを確認してから、観客にコースに入ることを許可している。このように、勝手に観客がコースに入るのではなく、無線連絡で安全を確認のうえ、コースマーシャルによって観客がコースに入ることが一時的に許可されるのがWRCの魅力。それを狙って、コースオフしやすいコーナーなどにはファンが集まっている)

 

この正解が発表されると、出演者たちは「これ、いいの?!」「アリなの?」と驚き、渡部は、「これはすごい寛大なルール!(観客になって)やってみたい!」と感心していた。

この他にも世界ラリーの興味深く迫力ある映像をたくさん見た出演者たちは、すっかり世界ラリーに魅了されたようだ。

なお、現地時間2月9日からは第2戦ラリー・スウェーデンが開催されている。

◆番組情報 『地球の走り方 ~世界ラリー応援宣言~』(テレビ朝日)
次回第2回目は2017年2月27日に放送 ※こちらから第1回目の放送を視聴することもできます

LINE はてブ Pocket +1