テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

【世界ラリー(WRC)】SS1でトヨタのハンニネンが1位!第3戦ラリー・メキシコ デイ1結果

現地時間の3月9日、FIA世界ラリー選手権(WRC)第3戦ラリー・メキシコのデイ1(SS1)が行われた。

初日だけ特別に、首都メキシコシティのストリートコース、1.57kmのコースを2本走った計3.14kmの合計タイムで競うSS1。通常のSSは1本だが、ここは同じコースを2本走る特殊なSS。観客にとっても、トップドライバーの走りが2回楽しめると人気だ。

ここでトップになったのは、トヨタチーム設立時からヤリスWRC開発を担当してきたユホ・ハンニネン。タイムは、3分37秒2。

2位はオット・タナク(フォード)、3位にはクリス・ミーク(シトロエン)となっている。チャンピオンのセバスチャン・オジェ(フォード)は6位、トヨタのエース、ヤリ-マティ・ラトバラは8位スタートとなった。

なお、RC1の1~10位までの結果は以下の通り。

LINE はてブ Pocket +1