テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ブルゾンちえみ with Bで大人気のブリリアン、世界ラリー現地レポでトヨタ快挙の瞬間に立ち会う!

2017年シーズン第2戦となる「ラリー・スウェーデン」で18年ぶりに復帰参戦しているトヨタ(TOYOTA GAZOO Racing)のドライバー、ヤリ‐マティ・ラトバラがいきなりの優勝を果たし、日本でも日々注目度が上がっているFIA世界ラリー選手権(WRC)。

そんな世界ラリーを応援する番組『地球の走り方 ~世界ラリー応援宣言~』の第2回目が2月27日(月)深夜にテレビ朝日で放送された。

 

同番組では、世界各地で行われるラリーに、あえて世界ラリー(WRC)の知識などまったくない芸歴1年目の若手お笑いコンビ「ブリリアン」を派遣している。

彼らは、現在人気急上昇中のお笑い芸人・ブルゾンちえみと一緒にテレビや劇場の舞台でネタを披露している「ブルゾンちえみ with B」の“B”として現在注目されている2人だ。

前述のように世界ラリーに関する知識はほとんどないブリリアンの2人だが、今回も現地スウェーデンへ。フィンランド出身のヤリ‐マティ・ラトバラを応援するため多くのファンが訪れるラリーの会場だが、彼らはなんとラトバラがトヨタの選手であることを知らなかった。

そんな状態で4日間のラリーを追う2人は、行く先々でラトバラと接触する機会をもち、その優しい人柄にひかれすっかり大ファンに。

3日目にはラリー・スウェーデンの大人気観戦スポットである「コリンズ・クレスト」にも足を運び、ラリーカーの大ジャンプの迫力も生で味わった。

 

そして最終日、ブリリアンの2人はラトバラ優勝の瞬間に立ち会うことに成功。

表彰式場まで足を運び、ラトバラが1位表彰台に立つ瞬間には歓喜のガッツポーズを見せていた。

遠いスウェーデンの地で流れるトヨタ優勝の「君が代」を歌う2人だったが、さらに嬉しい出来事が起きる。

なんと、ラトバラがブリリアンの存在に気づき、歩み寄って握手をしてくれたのだ。

開幕戦の「ラリー・モンテカルロ」から複数回接触してきたブリリアンのことをラトバラも覚えていたようで、この事実に2人は感動した様子を見せていた。

 

次戦は、3月9日から行われる砂上のラリー「ラリー・メキシコ」。モンテカルロ、スウェーデンから一気に環境が変わるなか、ブリリアンの2人はどんなレポートを見せてくれるのか楽しみだ。

 

◆番組情報 『地球の走り方 ~世界ラリー応援宣言~』(テレビ朝日)

※次回第3回目は2017年3月27日に放送。

こちらから今回の番組の放送を無料で視聴することもできます。

LINE はてブ Pocket +1