テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「あんたはんどすやろ?」琴音(剛力彩芽)を追い込んだ黒幕が遂に判明⁈

剛力彩芽演じる謎多き京都の芸妓・神渡琴音(かみわたり・ことね)の京都弁や、その琴音がイジメを受けながらも毎回女囚たちをやり込めるシーンが話題の金曜ナイトドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系)。

5月19日(金)、その第5話が放送される。

©テレビ朝日

本作は、剛力彩芽・山口紗弥加・トリンドル玲奈・平岩紙・橋本マナミ・木野花・安達祐実というキャラクターの濃い女優陣が7人の“女囚”を演じ、その頂点を巡って“プリズン・サバイバル”を繰り広げる様子を描いた新感覚の群像コメディドラマ。

第5話では、老老介護の末に夫と義姉を殺害した平塚うめ(木野花)の衝撃的な過去や、琴音を冤罪事件に追い込んだ黒幕の正体がついに明らかになる。

 

◆第5話あらすじ

©テレビ朝日

百目鬼(宍戸美和公)が口を滑らせたことにより、徐々に黒革の手帳の正体に近づいてきた琴音(剛力彩芽)。ミスを挽回しようと焦る百目鬼に代わり、次なる一手を打つべく、いよいよボスと思われる人物が動き始める…

そんな中、花園刑務所では更生プログラムの強化週間がスタート!「被害者の気持ちを知ることによって再犯を防ごう」という趣旨のもと、犯罪被害者の体験談を聞いたり、「オレオレ詐欺」の犯人役・被害者役に分かれての実演講習などが始まる。

イヤイヤ面倒くさそうに取り組む奈津(安達祐実)や沙羅(トリンドル玲奈)たちに対し、うめ(木野花)は講習に前向きな姿勢を見せる。

しかし一方で、うめの不可解な言動がますますエスカレートしているような様子もあり、同部屋の女囚たちは心配そうな様子を見せるのだった。

©テレビ朝日

うめが老老介護の末に、夫と義姉を殺害するに至った背景を聞いた琴音は、うめのことを気にかけつつ、次なる刺客を注意深く観察し続けていた…。

そんなとき、うめが衝撃的なひと言を口にする。なんと、夫と義姉だけではなく「もうひとり殺した」というのだ! そんなことが百目鬼たちにバレたら大変! うめを守るため、奈津らは必死にうめの発言を誤魔化すが…?

一方、一条(梶芽衣子)の置屋の玄関先には正体不明の大金が置かれる。「うちらも大きなどす黒い渦に巻き込まれてしもたようやな…」と呟く一条の目には覚悟の光が…。そしてついに、琴音を冤罪事件に追い込んだ黒幕の正体が明かされる…!

※番組情報:『女囚セブン』第5話
2017年5月19日(金)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket +1