テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

NGT48・山田野絵、注目シーン1発OKもメンバーから「うるせぇな!」で寂しい背中

毎週土曜の深夜にテレビ朝日系で放送中のドラマ『豆腐プロレス』(テレビ朝日系)。

劇中では、“WIP最強クイーン決定トーナメント「OVER THE TOP」”の2回戦に突入、本格的なプロレストレーニングを経たAKB48グループのメンバーたちが、リングの上で熾烈なプロレスバトルを展開している。

そして、テレビ朝日の公式YouTubeチャンネルでは、本気でプロレスに取り組む彼女たちの姿に密着した動画『OVER THE TOP』が公開中。

現在公開されている動画『ドラマ【豆腐プロレス】「OVER THE TOP」#6 敗者復活戦“CLIFF HANGER”第1ラウンド』では、「OVER THE TOP」の2回戦に突入する前に1回戦の敗者8人により争われた敗者復活戦「CLIFF HANGER」の舞台裏に密着している。(※以下、画像はすべてYouTubeのスクリーンショットです)

◆NGT48・山田野絵、一瞬で散ったラストシーンの裏側に密着

本作初のバトルロイヤル形式の試合となった今回の見どころを語るのは、彼女たちにプロレスの練習を指導しているミラノコレクションA.T.

ミラノ先生は「約1名ですね。リングの外にぶっ飛んでいく人間がいますから、そこをしっかりと見ていただければ」と見どころを解説する。

ミラノコレクションA.T.の言う1とは、本作でボイス山田を演じるNGT48・山田野絵。劇中で豪快にリング外へ飛んで行った山田だが、本来は別の飛び方が用意されていたという。

もともと練習では、かっこよくリング外に飛んでいくように練習を重ねていた山田。しかし、高難度な技のためか、結局一度も成功させることはできなかった。

すると山田が、代替案を提案。それが採用され、本番で使用されることになったそうだ。

そうして臨んだ本番のカメラテストでは、山田の“飛びっぷり”を見たカメラマンから「おもしろい」の一言が飛び出す。さらに本番では、見事一発OKを決める。

実はこのシーンは、山田にとって最後の試合シーン。一発OKを決め大喜び? と思いきや、わずか数秒で終わってしまったラストシーンに「本当にこれ最後のシーンでいいのかな?」と困惑する山田。

そして、ひとりでこれまでの撮影の思い出を振り返ろうとすると、リングに残った他のメンバーから「うるせぇな!」と遮られる場面も。

これには仕方なく、肩を落としながら撮影現場をあとにする山田野絵。心なしか彼女の背中も寂しそうだ。

◆松井珠理奈、敗者復活戦の意気込み語る

さらに本動画では、ハリウッドJURINAを演じる松井珠理奈が撮影にかける意気込みを語るシーンも公開。

松井は「敗者復活戦というのもあるから、『どうしても這い上がりたい!』みたいな必死な感じを技や立ち振る舞いにも込めようという意識はあった」と気合十分だ。

本動画では、そんな彼女の鬼気迫る暴れっぷりをノーカットで公開中。1人対4人という絶対的に不利な状況でおこなわれたバトルロイヤルに挑む彼女の姿に注目だ。

※次回番組情報:『豆腐プロレス』第18話
2017年5月20日(土)深夜0:05~深夜0:30、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket +1