テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

橋本マナミ、セクシーオフショット公開!「封印中」の色気全開ナース姿も

剛力彩芽・山口紗弥加・トリンドル玲奈・平岩紙・橋本マナミ・木野花・安達祐実というキャラクターの濃い女優陣が7人の“女囚”を演じ、その頂点を巡って“プリズン・サバイバル”を繰り広げる様子を描いた新感覚の群像コメディドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系)。

©テレビ朝日

同作で橋本マナミが演じている“ナース”こと矢島千鶴香は、元有名美容整形外科の看護師だ。その病院の院長と不倫の仲になった末に医療ミスで患者を殺し、業務上過失致死罪で服役している。

実は彼女は、全身整形サイボーグでその美しさが偽物であるため、異常なまでにひがみっぽく、すぐに自分の悪口を言われたと勘違いしてはヒステリックに泣き喚き、同部屋の女囚たちを戸惑わせている。

5月12日(金)に放送される第4話では、そんな千鶴香がなぜ不倫の末に刑務所に入ることになったのか? その衝撃の過去が明らかになる。

 

◆封印してきた色気全開!セクシーオフショット公開

劇中で橋本は、終始ピンクの囚人服を身にまとい、きっちりと第一ボタンまでとめていることが多く、本人も「エロを封印しています」と語っている。

しかし、撮影の合間では一転、「セクシーなポーズ、してみる?」と言いながらスタッフのカメラに向かってポーズをとってみたり、豊満な胸の谷間をチラ見せしてみたりと存分に周囲を楽しませている橋本。

今回はそんな“エロ封印”を解いた(?!)橋本のセクシーオフショットが届いたので紹介しよう。

「さすが」としか言いようがない、見事なまでのセクシーショットは必見だ。

カメラマンにむかってセクシーなポーズを決める橋本。

©女囚セブン

胸元がざっくりとひらいたセクシーナース服姿も披露。

©女囚セブン

5月12日(金)に放送される第4話では、狐に憑かれてしまう千鶴香(橋本マナミ)。まさかの“エロ狐”へと変貌を遂げる千鶴香に注目だ。

©女囚セブン

※番組情報:『女囚セブン』第4話
2017年5月12日(金)よる11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket +1